« 丑の日! | トップページ | 8月のパンのおけいこ »

2010年8月 1日 (日)

ちえろうのための歯医者さん探し・・・。

約1年、悶々としてきた案件の、なが~いくだりにお付き合い下さい。

先日、やっと、心から納得できるちえろうのための小児歯科に、3軒目にしてめぐり逢うことができました☆

昨年4月の1歳半検診で歯科検診とフッ素塗布をしてもらってから、定期的に診ていただける小児歯科を探さねば、とリサーチをしていた矢先・・・。

ちえろうの下の前歯の裏が白濁しているのを発見!
え?虫歯??だけど、4月の検診で、「虫歯はありません、生活習慣も問題ないしとてもキレイなので、このまま頑張って下さい。」とお墨つきをいただいたばかりなのに・・・。

慌てて、とりあえず近所の歯科に駆け込みました。小児歯科の看板は掲げていらっしゃらない一般歯科の歯医者さん、これがまず1軒目。
そこの先生曰く、「虫歯だね。」とひとこと。
虫歯になっても、子どもは騒ぐので治療ができないし、特に前歯は治療ができても、詰め物が取れやすかったりするので、進行を遅らせるしか手立てがないとのこと。
1軒目の先生は、あくまで一般歯科なので、子どもの相手は慣れていないようで、ちえろうがちょっとでも泣くと「歯医者嫌いになると困るから、今日はこれでおしまい。お母さんにも色々お教えしたいことがあるし、お子さんに歯医者さんに慣れてもらう意味でも、1ヶ月に1度、定期的にいらして下さい。」とのこと。

にしても、この歯医者に駆け込んだのが7月。検診が4月でしょ、3ヶ月でそんなに虫歯って飛躍的に進行するワケ?と、若干の疑問と、ちえりん自身、歯並びが悪かったのがキッカケで、幼稚園の頃から歯科には定期的に通ってそれなりに虫歯についての知識は持っていたツモリだったし、だからこそ、親が管理する間は虫歯を作らずに過ごさせてあげたいと、歯の管理には力を入れてきたので、かなり参り気味で、悶々と過ごしておりました・・・。

このとき、大阪に来てからちえりん自身が通っていた歯科にも、疑問を感じている部分があったので、これを機に、ちょうどクリーニングもしてもらいたい時期でもあったので、こちらの歯科にかかってみたところ・・・。

肝心のクリーニングにはちっとも着手せず、2回ぐらいテキトーにやり過ごされた挙げ句に、気になっていた箇所は「何らかの治療をした歯は、違和感があって当然。あまり気になさらずに。」という診断を下したクセに、「次回は麻酔をして詰め物外して、治療します」とかチグハグな説明を、最後の最後になって持ち出してきた(怒)。
違和感のあった歯は、神経を抜かずにギリギリのトコロまで削って治療しているのを理解していたし、そういう経緯から、今度イジる時は神経を抜かねばならない、というコトまでわかっていたので、治療内容について質問すると、「はぁー。」とかため息ついて、めっちゃくちゃイヤそーな顔して、さっきと同じコトを繰り返したダケ(爆)。

診療方針は、医師によって色々考え方があるので否定はしないけど、患者が疑問、不安に思うことについて、理解できるように説明するのは医師の役目だし、それができない医師の腕を信じることはできない、と思い、母子共に、そしてダーリンにも通院中止を命じて、その歯医者から一家揃って、撤退しました。

それでやはり、大阪に来てからちえりん自身が通っていた歯科に出戻る決意をしたのが9月。これが2軒目。
こちらも、小児歯科を掲げてはいらっしゃらなかったのだけど、1軒目では夢のまた夢だったフッ素塗布を、子どもの状況によってはして下さる、とのことだったので、それだけでもやってもらえたら、と、ちえろう連れて駆け込みました。

こちらの歯医者さんの難点は、腕は悪くないのだけど、クリーニングや定期検診は衛生士さんまかせで、衛生士さんが問題を見つけてくれなければ、先生による口腔内のチェックを受けることができないこと。
仕事の棲み分けができていて、先生的にはいいのかもしれないけど、患者の立場からしてみたら、ちょっと気になりません?ちえろうを診てくれたのも、衛生士さんだけ(爆)。
幸い、ちえりんとちえろうについてくれた衛生士さんは、前職がたまたま小児歯科勤務の方だったので、お相手も上手で♪、しかも驚くべき言葉が、衛生士さんの口から・・・。

「おかあさん、前の歯医者さんで、どれを虫歯って言われました?え、これ??あ、これは、虫歯じゃないですねぇ、歯石ですねぇ。」

あのヤブ医者めぇー(怒)!安堵と同時に怒りがフツフツとこみ上げてきました!!
子どもと大人のお口の環境が違うといえども、衛生士さんが見分けられるような所見を、医師免許を持つアンタが間違えるとは、ヤブのなにものでもないじゃねーか(爆)!!!
そんでもって、1ヶ月に1回診せに来い、って、そんなヤブ医者から教えられることは何もないし、タダのぼったくりジャン!!!!やっぱり、一家総出で撤収してよかったぁ♪

こちらの歯医者でも大泣きしたちえろうは、フッ素塗布だけが、虫歯予防の全てではないし、フッ素塗布して妙な安心感が生まれて、歯磨きがおろそかになったり、生活習慣が崩れて虫歯を作ってしまうのはよくことあることなので、と、フッ素塗布はしてもらえず・・・。
でも、自身の体験から、フッ素塗布に絶対的な効果を感じているちえりんとしては、やっぱりどうしても塗ってもらいたかったのよね・・・。

と、近々、腕のいい小児歯科を探して、一度専門的に診てもらわなければ♪と、漠然と思っていたところ、今年の6月、絶対的に診てもらわなければならない大事件が発生!!!!!

我が家のキッチンにはちえろうが入れないように、つっぱり棚がセッティングされているのです。ほんとは専用のゲートとか買ってきて安全なモノを使うべきなのですが、使うべきだったのですが、経済的な観点から、そして転勤と隣り合わせの我が家としては、いつまでこの間取りの家に住めるかわからないし、というコトで、つっぱり棚で応用!、というと聞こえはいいのだけど・・・(汗)。

そんで、そんな簡易なつっぱり棚に、思いっきり!、約14キロの体重をかけてちえろうが「ぎゅうにゅう!ぎゅうにゅう!!」とグズったので、つっぱり棚が前に倒れて、ちえろうも共に転倒・・・!!!!!
このとき、ちえりんはソファーに寝そべっていて、ちえろうがねだっていた先にいたのはダーリンだったので、ちえりんはその状況は目撃していません、だけど、泣き声が異様だったので、飛び起きて行ってみると・・・。

口中、口の周り中、血だらけ・・・(爆)。
それでも口腔内は出血しやすいので、ちょっと激しく切ったのかな、と最初は気にもしていなかったのだけど、異様に血が止まらないし、ガーゼをかませてみると、歯茎からも出血しているコトに気づきました。気にはなったけど、土曜日の夜の出来事だったし、お昼寝をしていなかったちえろうは、大泣きして興奮したのもあって、そのまま寝てしまったので、寝れるぐらいなら、大丈夫なんだろう、と、そのまま一夜を過ごしてしまいました。

そんで朝起きてみたら、ちえろうのシーツが血だらけ(爆)。
そんだけ出血が続いてたってコトはタダごとではない、と、日曜日になってはじめて、コトの重大さに気づき、歯茎から出血していた部位、前歯を触ってみると、おそろしや~、グラグラしてるじゃないかーーーーー!!!!!
ちえりん、ドバーッと冷や汗が出ました。そして、「大丈夫だよ~、どうせ乳歯だし。」と、のん気に構えたアドバイスをしたダーリンに「全然大丈夫じゃないじゃん(怒)、コケる前に牛乳あげるとか、なんでもっと別の対応してくれなかったのよっ(怒)」と、声を荒げ、ちえろうの負傷の犯人とさせられたダーリンは「なんでオレなんだよ、あんな危ないつっぱり棚をつけてること自体に、問題があるんだろ。」と、大ゲンカ。

月曜日になるのを首を長~くして待って、区内の評判のいい小児歯科に電話してみたけど、予約も予約外の患者さんもいっぱいで、今日中には診れない、とのこと。
困ったなぁ~、どうしよう・・・、と行き詰まったそのとき、ちえろうのお友だちのれいかちゃんが通っている小児歯科の話を思い出し、区外だけどとなり町だし!と問い合わせてみると、夕方5:00以降、待ってもらえるなら見てくれる、とおっしゃるので、駆け込みました(涙)。これが、3軒目。

門構えがすごーく古めかしいので、おじいちゃま先生を想定して、きっと「お母さんの管理が悪い」と、めちゃくちゃ怒られるんだろうなぁ・・・、と、気の進まな~い感じで訪れたのだけど・・・。
40代前半ぐらいの、ハキハキした爽やかな先生、いい意味で裏切られました(笑)☆れいかちゃんのママ情報によると、2代目先生なんだそうです。
「2歳8ヶ月でしょ、この時期、ほんとによくあることでね、好奇心があって動きが活発になるんだけど、コケたときに手が前に出ないんですよね。それで不思議なのが続くんですよ、1回やると、なぜか連続してコケるんですよ。既にコケて、充分前歯がグラグラしてるのに、またコケた、って、駆け込んでくるお母さん、すごく多いんですよ。」と、先生・・・。

出血のヒドかったグラグラした左の前歯は、先生の予測どおり神経までやられてしまっていて、ハリセンボンのはるかみたいに、変色してしまいました(涙)。
親の管理不行き届きをめちゃ反省してるし、ダーリンにも直接言ったけど、ちえろうはおとなしいタイプだから、牛乳をほしがったときに、もっと別の対応をしてくれていたら、防げた事故だったのではないか、と、後悔ばかりです(涙)。でも、いかなる理由であれ、寝そべって育児放棄していたちえりんにも責任があるので、ダーリンだけを責めるつもりはありません、ちえりんも、もっとちえろうの声に、きちんと耳を傾けるべきでした・・・。

せめてもの救いは、先生が明るく「男の子だし、よくあることで、神経がないせいで抜けるのが少し早くなってしまうと思うけど、だからと言って永久歯には影響しないから。」と、何度も太鼓判を押して下さったこと。
そして「グラグラするのを恐れず、しっかり磨いてあげて下さい。それで虫歯を作ってしまう方が、よっぽど問題ですから。今のところ、しっかり磨けてますのでね。」と、励まして下さったこと。
小児歯科と銘打っているだけあって、ちえろうへの接し方もとてもお上手で「すぐなおる?せんせい、すぐなおる?」と、診察台の上で何度も確認するちえろうに、その度に「うん、すぐ治るよ。」と、応えて下さいました。
そんな先生のお姿に、ちえろうも安心したのか、2回目からは、ひとりで診察台に寝れるようになったし、悲願のフッ素塗布も、ちえりんが先生と話し込んでいる間に、気づかぬ間に完了☆それぐらい、奇声を発することなく、歯科の治療を受けることができました♪
ちえろうが大きくなったということもあると思うけど、わかるのね、子どもって。この大人は信用おけるな、って(笑)。
ちえりんが、言いなさい、と、言ってもいないのに、この3軒目の歯科ではちえろう「せんせい、ありがとう」「はぶらしくれて、ありがとう」だって(笑)。

そもそも歯科にかかるキッカケとなった、下の歯の裏の白濁も、「歯石よ、これは。」と、あっさり3軒目の先生。
理由は、子どもって大人に比べて唾液の量がとても多く、唾液の成分にも個人差があって、再石灰化する力の強い唾液を出す子は、このように歯石がついてしまうのだそうです。再石灰化する力が強いというコトは、溶けた歯を修復する能力が高いということなので、むしろいい唾液の証なんだそう☆唾液の成分による歯石なので、苦労して取っても、また2.3ヵ月後にすぐつき始めてしまうし、虫歯につながる歯石ではないので、放っておいてかまわない、とのことでした。

はぁ、ココまできちんと聞けると、安心するわ。やっぱり、お医者さまって、そういう存在であってほしいし、そうでなくっちゃね、1軒目の先生(怒)!!!

3軒目の先生にたどり着くまで、本当に長かった(涙)。
小児科や耳鼻科は、お薬の出し方に差はあれど、治ってしまえばそれで終わりだけど、歯科は、一度削られてしまった、なくなってしまった歯は、二度と戻ってきません。それだけに、むやみやたらな治療は避けたいし、また、定期的に通う以上は見落としも避けてもらいたい。
改めて、心から信頼できる歯科医に巡りあうことの難しさを痛感しました。

歯医者さん、という観点からは、大阪が永住の地だったら、と思うけど(笑)、歯並びが悪かったちえりんと、歯並びが悪く虫歯になりやるいダーリンの子だもの、ちえろうと歯医者さんの縁は、きっと長~いモノになると思うので(笑)、親が防げることは、今回の事件を教訓に努力し、歯科医を見極める力も、研ぎ澄ましていかなければ!、と思います。

|

« 丑の日! | トップページ | 8月のパンのおけいこ »

コメント

こんばんは~ 歯医者(^_^;) こまるよね~ うちの近くは小児歯科あるんやけど 最初にタオルでぐるぐる巻きにして押さえこんでみるってゆうのが約束で それでも いいか 聞かれるんやけど レントゲン撮って 初期虫歯もみつけてくれて 白い詰め物で なおしてくれるので近所では ほとんどそこに行ってるかな?お兄ちゃんはもう押さえられずに 行ってるし…(^O^) 歯は気を使うよね~

投稿: 壮ママ | 2010年8月 1日 (日) 20時02分

歯医者さんって山ほどあるから、その中からいい先生を見つけるのって本当に難しいよね。
幸い私はいい歯医者さんに巡り合えてたけど、ちえりんの苦労話を聞くと、あの先生がいなかったら・・・とゾッとします。
その先生には親戚&家族でお世話になってて、とにかく丁寧!丁寧過ぎるので待ち時間が長いのが難点だけど、ちゃんと説明もしてくれるし、信頼できます。

にしてもちえろうくんの流血事件、痛かったろうに~・・・よく我慢したね、エライ。
ちえりんもあまり後悔しないで!今いい先生に出会えたんだから、永久歯になっても(大阪にいれば!?)心配ないね☆

投稿: kaykay | 2010年8月 2日 (月) 09時21分

壮ママさん、コメントありがとう♪
レントゲン撮ってくれるのいいなぁ~☆
ちえろうの月齢ぐらいでも撮ってくれるんですか?
虫歯って、歯と歯の間にできてたりもするし、そういうのはレントゲンじゃないとわからないですもんね~。
壮ちゃんは虫歯、大丈夫ですか?
できるだけ長い間、虫歯ゼロでいってもらいたいです☆

また、あそびにきてね☆

投稿: ちえりん | 2010年8月 4日 (水) 23時35分

kaykay、コメントありがとう♪
親戚&家族の皆様全員でお世話になれるほど信頼できるお医者様がいると、本当に安心だよねぇ~☆いいなぁ~☆☆
そういうのは親元離れず住めてる方のメリットでもあるよね~☆☆☆

今日さ、しゃがんでたちえろうがいきなり立ち上がったから、ちえろうのお着替えを手伝っていたちえりんの前歯にちえろうの石頭が直撃して、それだけでも「イテッ、いきなり立つなよ(怒)」って、子ども相手に本気で怒鳴るホド、痛かった。
だから、ちえろうは相当痛かったろうし、グラついてたってコトは、かなり違和感あったハズだよね。
それでも、月曜日は夕方まで、一時保育でケロッと過ごしてたらしいから、子どもの無頓着ぶりというか、おおらかさというか、なんとも素晴らしいよね(笑)。
大人なら、絶対気になっちゃうモンね。

あまり神経質な子になってほしくないので、痛いとかかゆいとか訴えてきても「だいじょぶ、だいじょぶ♪」でおさまれば、やり過ごしてしまうコトが多いのだけど、きちんと耳を傾けてやらねば、ということは、今回のことで深く心に刻みました(汗)。
心強い励まし、どうもありがとう♪

また、あそびにきてね☆

投稿: ちえりん | 2010年8月 4日 (水) 23時48分

「せんせい、ありがとう」って、自分から言えるちえろうくん☆
えらいねえ!
うちはすぐ、おもちゃのタマゴに目が行ってるもん(笑)。

投稿: れいかさん母 | 2010年8月 5日 (木) 03時04分

れいかさん母さん、コメントありがとう♪
もしや、東京からの投稿では?
ありがとうございます☆

いい歯医者さんをご紹介していただいて、れいかさん母さんには、本当に感謝しています、ありがとうございました。

おもちゃね!
ちえろうは1回目は、ダンボのストラップ、2回目はタマゴをゲットしてきて、中身はジグソーパズルでした!
ダンボのキラキラストラップはめちゃお気に入りで、未だに一緒に寝たがったりするよ(笑)。
ごほうびのおもちゃも豊富だよね~☆

昨日、カラオケに行ったんだけど、カラオケ=れいかちゃん、のイメージらしく、「れいかちゃんと行きたいよ~。」と、本気でグズってました(笑)。
またぜひ、お付き合いして下さ~い♪

また、あそびにきてね☆

投稿: ちえりん | 2010年8月 5日 (木) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159389/49023975

この記事へのトラックバック一覧です: ちえろうのための歯医者さん探し・・・。:

« 丑の日! | トップページ | 8月のパンのおけいこ »