« プレミアムクラス in沖縄 | トップページ | 3歳になりまちた☆ »

2010年10月 3日 (日)

親子体操教室の卒業!

沖縄旅行を挟んでしまって、ちょっと感情がうつろになりつつある、このテーマ・・・(爆)。
早いトコ、記事にして記しておかねば・・・(笑)。

9/16(木)に、昨年10月から約1年間続けた、親子体操教室を卒業しました!
ほんとうは、幼稚園にあがるギリギリの3月まで続けたかったのだけど、本当に心から続けたかったのだけど、お教室が我が家からちょっと距離があるのと、道中坂が何度もあるので、自転車で通うのがしんどいこと、そして、色々なルートを駆使して通ったとしても、あくまで親子体操なのでちえりんの出番も多く、妊婦にはけっこうなボリュームで、それを考慮して先生方が介助して下さるのだけど、そうなると全体を見れる先生がひとり、ちえろうに割かれることになり、そういうシチュエーションに恐縮してしまったこと、これからますますちえりんの体調にマイナートラブルが出やすい時期に突入するし、先生からのひとこともあって、思いきって卒業することを決めました。

その”ひとこと”と言うのが・・・。
このブログでも、以前誓ったことがあると思うのですが、この春ちえりんが思ったこと、それは、ちえろうが幼稚園にあがるまでのこの最後の1年は、ちえろうと色んなことを共に体験し、共に感じる時間を大切にしたい☆ということでした。
しかしその矢先、妊娠が発覚して、ちえろうを一時保育に預ける機会も増えてしまい、体調が悪くておうちでゴロゴロ、かまってあげられない時間も多く、一緒にお出かけできる場所にも随分制限がかかってしまって、ちえりんはちえろうに申し訳ない気持ちと、自身の目標を達成できない焦りでいっぱい・・・。
2ヶ月毎の更新のこの親子体操教室も、炎天下の中通うことになるこの時期、とっても迷ったのだけれど、ちえりんの体調を理由にちえろうのおけいこを休む、というコトにとても抵抗があって、ギリギリに申し込みを決めたような感じでした・・・。

そんなちえりんの焦りが、行動に出ていたのかな。レッスンの後、先生がわざわざロッカールームにいらして「ちえろうくんのお母さん、あなた、大丈夫なの?あんなに動いて!」
その時期、胎盤が低めなので、安定期だけど控えめにね、と、妊婦健診のときに言われていたこともあって、「いやぁ・・・。でも、ちえろうにも色々ガマンさせちゃってるから、かいわいそうだし、お月謝ももったいないし(笑)。」と答えると・・・。

「アナタ、なに言ってるの!お金と赤ちゃんの命と、どっちが大事なの!!私も、2人目のとき、出血が続いたりずーっと安静の時期が続いたの。同じ妊婦でも元気に過ごせる人もいるし、それは本当に個人差があるんだから、無理しちゃダメ。それにね、ちえろうくんがかわいそうなんて、全然かわいそうじゃないわよ。あなたは今、命を育てるという大切なお仕事をしてるのよ。今、ガマンすることを覚えさせるのよ。これから、妹か弟がやってきて、思い通りにいかなくなることばかりなんだから。今、きちんとガマンすることを教えなきゃ、ワガママな子に育っちゃうよ。」

なんか、すーっと、胸のつかえが取れたようでした。
色々考え方はあると思うけど、日頃、親の手抜きを絶対に許さない先生から、そんな風に言われて、今はちえりんの体調優先に過ごしていいんだ、それがちえろうは不憫、にはつながらないんだ、と心から納得できるようになりました♪
ココで無理して続けて、入院でもすることになったら、その方がちえろうにとってはよっぽど不憫だし、1月までローペースで過ごしてゆこう、と思えるようになりました。

ちえりん個人としては、当初、体操を習わせる、ということそのものに、あまり興味がなく、でも、本当にたくさんの方から「集団生活を体験させるのにとてもいいから、ちえろうくんも一緒にどう?」とススめていただいて始めましたが、今、本当にこの親子体操教室に参加することができてよかった、と思っています。

以前、こちらのブログでもその様子をご披露させていただきましたが、先生がハッキリさっぱりした方なので、「これはあくまで、親子体操教室です。だから、お母さんもペラペラしゃべってばかりいないで、自分の子どもの様子をしっかり見て、しっかり向き合う時間にして下さい。」と言い切っていらっしゃるので、うっかりおしゃべりに夢中になってると「ホラ、ちゃんと子どもを見て!」と注意されます。
そんな環境なので、日頃、ついママ友のおしゃべりに夢中になってしまうちえりんでも、自然と自分の子どもに目がいくようになるし、体操教室の後は、ちえろうと思いっきり楽しんだなぁ、という何とも言えない心地よい充実感で心が満たされるのが、本当にとても幸せでした☆

始めた当初は、慣れない体育館の広さに怖づいて泣いて、逃げることしか頭になかったちえろうが、回を重ねる毎に泣かなくなり、ひとりでリレーができるようになり、やがて自分の順番を待つ、そして待つ間にお友だちを応援する、ということが理解できるようになり・・・、最後のレッスンで、ちえりんから離れた場所で、お友だちと一緒に座って、先生の手遊びを楽しむちえろうの姿を見たとき、これまでのコトを思い出して、涙が出そうになりました・・・。
ほんとうにいつもマイペースのちえろうだけど(笑)、彼なりに彼のペースで、ちえろうは、この体操教室では必ず、前回よりもなにかひとつできるようになって、クリアして、成長していく様子をちえりんに見せてくれました。
そういう彼の姿を見て、ちえりんも、子どもを信じて待つ心、を教わったように思います。
週に一度、1時間、そんな貴重な大切な時間を過ごせたことに感謝、そして、一生懸命に取り組んでくれたちえろうに感謝です、どうもありがとう☆
ママ、ちえろうとの親子体操教室、とってもとっても楽しかったよ♪

ちえろうにとっては、決して楽しいことばかりではなかったと思います。
やりたくないことをやらされたり、走りたいのに、今はダメ、と言われたり・・・。
でも、人生って、その繰り返し・・・、総じて楽しく思える時間でも、乗り越えなきゃならない壁があったり、できれば避けたいような難問が立ちはだかっていたり・・・。
それでも、そこから逃げることを考えるのではなく、何とかして前に進んでみよう、という気持ちを持ち続けること、そうすれば必ず道は開けるのだ、ということを・・・、まぁ、ごほうびにシールがもらえるくらいじゃ、その哲学を理解するのは難しいかな・・・(笑)。
と、冗談は抜きにして、彼なりに、何か心に学んでくれていたら、嬉しいな、と思います。

また少し、ちえりんから、ちえろうが、巣立っていくようです・・・。

|

« プレミアムクラス in沖縄 | トップページ | 3歳になりまちた☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159389/49499452

この記事へのトラックバック一覧です: 親子体操教室の卒業!:

« プレミアムクラス in沖縄 | トップページ | 3歳になりまちた☆ »