« ジュリークのハンドクリーム☆ | トップページ | 関西サイクルスポーツセンター に行く! »

2010年11月19日 (金)

体験入園!

去る11/6(土)に、来春からちえろうをお預けるコトに決めた幼稚園の体験入園に行ってきました♪
入園の4月までに4回ほど行われるのですが、途中、ちえりこの出産で、ダーリンに行ってもらわなければならないかもしれないので、雰囲気を見ておいてもらいたくて、ダーリンにも一緒に行ってもらいました。家族総出のビッグイベントです(笑)。

最近、ママ友に会うと第一声は「幼稚園、どこに決めた?」。
ちえりんも本当にほんとうに、悩みました。
まず、近隣の評判の幼稚園はひと通り、自分の目で確かめてから決めたいと思っていたのに、幼稚園見学の時期とつわりの時期が重なって、思うように体が動かず、思っていた数の半分ぐらいしか、見ることができませんでした(涙)。と、同時に、昨年の今頃から、未就園児対象の親子教室に入れたり、幼稚園情報を収集していたちえりん、ダーリンの「なんで?」という、怪訝そうな眼差しを感じながらも、ちえりんをそうさせたのは、今思うと、きっとこういう事態が待ち受けているコトを、ちえりんの第六感が感じ取っての行動だったんだな、と、妙に納得してみたり・・・(笑)。

最終的に、昨年の11月から親子教室でおジャマさせていただいていたカトリック幼稚園(仮称)と、4月から親子教室に参加させていただいていたモンテッソーリ幼稚園(仮称)、のどちらにするか、すごーーーーーく悩みました(笑)。いずれの親子教室のお話も、こちらのブログでさせていただいたコトがあると思います。

ちえろうは、モンテッソーリ幼稚園に行きたがりました。
モンテッソーリ幼稚園の親子教室は週1で、短いスパンで足を運んでいたこと、途中ちえりんが自転車に乗れなくなってしまったので、電車で通えたこと、モンテッソーリ教育の特性上、自分の好きなおもちゃで心ゆくまで遊ばせてもらえたことが、ちえろうの心象をよくしたようです。

おうちで「ちえろう、モンテッソーリ幼稚園がいいなぁ。」と言うのを、子どもの戯言とテキトーに聞き流していたら、恐るべき事件が起きました(爆)。
願書配布のときのこと。
カトリック幼稚園でおすまし顔で、”第一希望!!!”って顔して手続きを済ませていたちえりんの横で、こともあろうかちえろうくん、「モンテッソーリようちえんですぅ。」とか、ホザきやがった(怒)。も、もぅ、ちえりん・・・、顔面蒼白・・・(汗)。
何言ってるのかわかんないフリして、スマイルで平常を装ったけど♪、心の中では「ちえろーーーう!!!(怒)」と、やり場のない怒りの炎が燃え上がっていたのは、言うまでもありません・・・。
それで、このとき、ちえりんの中ではカトリック幼稚園にしようと決まりかけていたので、モンテッソーリ幼稚園の願書は取り寄せないつもりでいたのですが、この調子でカトリック幼稚園の面接に臨まれて不合格になったらたまんない、と不安がよぎって、急遽モンテッソーリ幼稚園にも願書をいただきにいくコトに・・・。
9/1の炎天下の中、妊婦には本当にツラかった・・・(涙)。

その後も説明会に参加したり、本当に右往左往しましたが、幼稚園を決めるのにいちばん頼りになったのは、ダーリンでした☆
当初「ボクは、幼稚園決めには、一切関わらない。ボクがこの幼稚園がいい、と言ったら、ちえりんはその通りにするのか?結局、自分で決めるんだろ。だったら、ボクは最初から関与しない。そもそも、幼稚園ごときでそんなに時間を費やすこと自体、ナンセンスだよ。」と言って、ちえりんの、こう!と思ったら突き進む、誰も止められない性格を見抜いて、進んで説明会に行きたがるお父さまもいらっしゃるというのに、ちえりんが日々展開する幼稚園話も聞いてるんだか、聞いてないんだか・・・、って感じでした(爆)。

しかし、いざ願書提出が近づいてきて、毎夜毎夜、呪文のように「幼稚園、どうしようかなぁ。」とつぶやき続けるちえりんにしびれをきらして「それぞれの幼稚園のメリット、デメリット、年間にかかる費用を算出して、表にしてみろ。」と、ダーリン。
ダーリンも、その気になったら譲らないタイプだというのをちえりんもわかっているし、やっぱり頼りにしているので、ちえりんにしては珍しく「ハイ。」と、表を作って提出してみると・・・。
「ちえりんは、幼稚園に何を求めてるワケ?君の悩みは、このクルマは燃費はいいケド、走りがイマイチなのよね~、コッチはスピードは出るけど燃費が悪いのよね~、っていうレベルだよ。こんだけ色々親子教室に通わせて、この時期にそんな基本的な部分が決まってないって、ちえろうがかわいそうだよ。モンテッソーリ幼稚園がいい、というちえろうが悪いんじゃなくて、そう言いたくなるような環境を作ったちえりんが悪い。」
と、ピシャリとお説教・・・。

でもお恥ずかしながら、そうやってちえりんの頭の中を整理してもらって、やっと自分の中で答えを出すことができました♪

最近はどこの幼稚園もみんなそうなのかな、ちえりんの近隣の幼稚園は、小学校に上がった時に困らないように、ひらがな、英語を保育時間の中で取り入れるのが主流です。
そんな中、カトリック幼稚園は「ひらがな、英語は、やりません。」と言い切っていて、お勉強系はやってくれなくていい、のびのびと心の教育をしてくれればそれでいい、と思いながらも、いざ、そうハッキリ言われると、それはそれで不安を感じるもの・・・。
それで、その不安を園長先生にぶつけてみたところ・・・。
「小学校からも、ひらがなぐらいやってほしい、と言われるけれど、このいちばん多感な時期に、お机に縛ってひらがなを教えること以外に、子どもたちに体験させてあげなければならない、感じてほしいことはたくさんあります。限られた保育時間の中で、そこまで手が回りません。幼稚園の子どもたちには、ひらがなが読める、書ける、英語が理解できる、ことが大事なのではなくて、それに興味をもてる好奇心を育てることが大切で、その心がきちんと育っていれば、それぐらいの出遅れは、すぐに取り戻せます。」とキッパリ。

この園長先生のぶれない教育方針に、心が決まりました☆
こんだけ周りの幼稚園が保護者、小学校の要望に力を入れる中で、その教育方針を貫くのは、園児が集まってなんぼの私立幼稚園、とても勇気がいることだと思うのです。

あんなに関与しない、と言っていたダーリンでしたが、ちょうどリフレッシュ休暇中と重なったのもあって、カトリック幼稚園の説明会には一緒に参加してくれました♪
幼稚園の年間行事をスライドで見せてくれたのですが、「なんか、スライドで他の子どもの成長を見てるだけで、泣きそうになってきた。ヤバいなぁ。」とダーリン。
たまたまスケジュール的に参加できただけなのだとは思うけど、そういうトコロにもなんとなく勝手にご縁を感じてしまって・・・。

モンテッソーリ幼稚園もとてもステキで魅力的だけれど、やはり小学校から女子校になるので男の子が極端に少ないのと、最近、性差が顕著に表れてきて、男の子のお友達と一緒にワイワイふざけたりしているちえろうが、とてもイキイキして楽しそうにしているのを見て、同性のお友だちが相当数いる環境というのも、とても大切なのではないか、と思うようになりました。

さて、カトリック幼稚園の面接当日・・・。
おうちでのいつもの調子で「カトリック幼稚園きらーい。モンテッソーリ幼稚園がいい。」とか言われたらどうしよう・・・、と前日からヒヤヒヤしましたが、お母さまと離れたときの様子を見させてほしい、という理由で、母子別の面接でした(驚)。
ちえろうだけ別室に連れてかれて、最初こそちょっとメソメソしたけど、かわゆい先生に「お二階のお魚、見にいってみよっか。」と言われたらその気になって、ちえりんの面接が終わるまで他のお部屋で先生と遊び続けたちえろう・・・。
そんなマイペースなちえろうなので「お二階で、何したの?」と何度も聞いても、的を得ない回答ばかりで、真相は闇の中・・・。
でも、入園許可証はいただけたワケだし、幼稚園で過ごすのはちえりんではない、ちえろうだものね、自然体を評価していただくことがいちばん大事なのだから、と問い詰めるのはやめました。

ちえりんの面接も、志望動機をしっかり考えていったのに殆ど聞かれず、宗教が絡むので、その点だけ遠回しに確認がありましたが、ちえりん自身がカトリックの幼稚園に通っていた旨をお話しすると、それだけでもうクリアで、あっさりと終わってしまいました・・・。

そんな経緯を経て臨んだ体験入園!
仮に分けられたクラスに別れて、保護者の観察の元、先生と手遊びをしたり、絵本を読んでもらったりしました。
10月からスイミングで母子分離を体験してから、ちえろうの自立、自己主張が、グンと進んだように感じます。
この体験入園でも、割とあっさりとちえりんから離れて先生の前に座り、ただ座ってるダケではなく、先生からの問いかけにも自発的に答えたりしていて、その成長ぶりは、親子教室でちえりんにベッタリなちえろうを見ていただけに、意外でした☆
と、ダーリンと感動しながら様子を眺めていたら・・・。

先生が読んで下さっていた絵本で、魚の形をした雲をイヌが見つけて、魚好きのお友だちに教えてあげようとするシーンで、「さぁ、お魚好きのお友だちって、誰かなぁ?」という先生の問いかけがあって、答えはネコなんですけど、我らがちえろうくん「はーい、ちえろーう!」と大きな声でお答え下さいまして(爆)、先生も苦笑気味やし、保護者からも笑いがチラホラ・・・。もぅ、めっちゃくっちゃ恥ずかしかったです・・・・・(涙)。
そう!キミは確かに、魚が好きだよ。だけど、なんでもかんでも、自分中心に世の中が回っていると思うなよ(怒)。こうやって、ちえりんの知らないトコロで、これからキミはその天然っぷりを思いっきりかましてくれるんだろうなぁ・・・、と、先が思いやられる一幕にも早々に直面しました・・・(汗)。誰に、似たんだろ・・・。

何はともあれ・・・。
ちえりんがカトリックに親しんだのは、幼稚園の2年間だけでしたが、三つ子の魂百まで、ではないけれど、感謝する心や、どんなことも神様が見ていてくださる、という精神は、大人になった今でも、ちえりんの心の拠りどころになっているように思います。
ちえろうにも、カトリックの精神を通じて、本当の意味での心の強さ、というものを、感じてもらえたら、考えてもらえたら、と思います。
限られた時間ではありましたが、幾つかの幼稚園を見学して、それぞれの幼稚園のご方針をお伺いしていく中で、より一層、小学校にあがるまでのこの時期のちえろうには、できるようになる事柄の多さよりもその過程、疑問に思う心や好奇心、を尊重して成長を見守りたい、という気持ちが強くなりました。

もう既にちえろうは、「なんで?なんで?」の毎日です・・・(汗)。己の無能さ故に、思わず「そんなん、しらんわぁ。」と答えてしまっている自分がいるのですが(爆)、こうなってほしい、あれができるようになってほしい、という理想を押しつけるのではなく、彼の目線での好奇心に応えていく中で、最終的にこちらの理想にたどり着く、という経過を辿れるよう、ちえりんも精進していかなければならないな、と戒めているトコロです(笑)。

これだけ悩んだ幼稚園選び。この苦悩が報われるよう、1年だけでもいいから、通わせられるコトを祈りつつ・・・。

|

« ジュリークのハンドクリーム☆ | トップページ | 関西サイクルスポーツセンター に行く! »

コメント

あとは 幼稚園入園を待つばかり? 幼稚園迷ったみたいでブログよんでて 微笑ましかったです。うちは保育園ですが一応お勉強の時間があったものの、50音すら書けない状態で学校にいきましたが 問題ないですよ('-^*)/ あ から習うし それよりはのびのびと遊ぶ中での友達との かかわりなんかのほうが 小さい時には大切とあたしも思います。学校に上がったら この先かなりの時間勉強が待ってるよ、新聞で読んだけど、保育園児のほうが幼稚園児より 不登校すくないらしいよ…勉強よりも大切な時間を過ごしてたくましくなるんやと 思いますよ

投稿: 壮ママ | 2010年11月23日 (火) 12時50分

壮ママさん、コメントありがとう♪
そうですよね~、今から焦ってやらせなくても、お勉強しなければならない時期は、これから長くながく続くんですものね~。
カトリック幼稚園を選ばれたお母様方も、やはり同じような考え方で、幼稚園のこの時期ぐらいはのびのびと、とおっしゃる方が多いのも、決め手のひとつでした。
壮ママさんに、太鼓判押してもらったようで、心強いです☆

ちえろうの行動、笑えるでしょ(汗)。
恥をかくのはカレの勝手だけど、ちえりんの前でだけは勘弁してほしいわ・・・。

また、あそびにきてね☆

投稿: ちえりん | 2010年11月25日 (木) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159389/50059471

この記事へのトラックバック一覧です: 体験入園!:

« ジュリークのハンドクリーム☆ | トップページ | 関西サイクルスポーツセンター に行く! »