« 新横浜駅! | トップページ | 京セラドーム大阪! »

2011年9月 4日 (日)

ちえりこのアレルギー・・・

記事にしたい滋賀ネタは山積みですが、備忘録も兼ねて、たまにはママネタで盛り上がりたいと思います!

ちえろうの時は、1ヶ月検診の前に、ちえろうを椅子から落として救急センターに駆け込むハメになったりと、新米ママ炸裂!だったちえりんですが(爆)、ちえりこは、さすがに二人目とあって、ここまで大きなミステイクもなくやってきましたが・・・。
お盆休み最終日の日曜日、やってしまいました・・・(涙)。
救急センターにお世話になってきました(爆)。
原因は、食物アレルギーによる、じんましんです・・・。

ちえろうは産まれた時からずーっと湿疹がヒドかったので、早々に血液検査をしたのもあって、1人目だったし、離乳食の進みもとても慎重でした。
ところが、ちえりこは、肌トラブルも一切なく、病院でも血液検査をススめられるようなこともなかったので、大丈夫だろ~、って感じで、こともあろうか、日曜日の夕方の離乳食に、パンがゆとヨーグルト、という、アレルギー持ちの子を育てた経験者とは思えないような組み合わせで、しかもお医者様の開いていない時間帯に、離乳食をあげてしまいました・・・。

あれ~、口の周り、なんか赤いなぁ、と思いながら、その後ダーリンにお風呂をお願いしたら「ちえりこちゃん、あせもいっぱい出てるから、お薬塗ってあげて~♪」と言われて、見てみたら、ドッヒャーン、これ、あせもじゃなくて、じんましんじゃん(汗)。

ちえりんが使っているクレジットカードのサービスのひとつに、電話で医療相談にのってもらえる、というのがあるので、さっそくかけてみると、赤ちゃんなので、すぐに病院に連れて行ったほうがよいと言われ、滋賀県内の病院を幾つか紹介されました。
結果、ちえりん邸から見える、全国展開の病院がすぐ見てくださる、というので、ちえろうをダーリンにお願いして、ちえりこを抱っこして、ちえりんひとりで病院へ。
時間も時間だし、スッピンでみすぼらしいTシャツ姿の自分が妙に気になり、「シングルマザーだと思われたらヤだから、結婚指輪してこ。」と、この非常事態にヘンなトコロで冷静なちえりんに、ダーリン「保険証見たら、わかるだろ。」と苦笑・・・。

一人目ちゃんをちえりんと同じ大きな病院で出産し、二人目ちゃんをこの全国展開の病院でご出産なさった大津のママ友から、大きな病院の方が全然よかった、というのを聞いて、おそるおそる・・・、お伺いしましたが、とても優しくしていただいて♪、先生は日曜日の夜、ということもあり、京大病院からいらしていたお若い先生だったものの、こんな時間にあんなアレルギー素因のあるものを与えたお咎めを受けることもなく、「症状出るまでわかりませんもんね、仕方ないですよ。」と受け止めて下さって、とても救われました。

この全国展開の病院は、1歳未満の子は電話なしでも24時間いつでも小児科の先生が診て下さるそうで、1歳以上の子でも23:00までなら、電話なしで小児科の先生が診て下さるとのこと。「何かあれば、またいつでもいらして下さい。」と、事務の方に言われて、ビックリしました。
大津は、人口が少ないからか、市の財政が潤っているのか、子どもへのサービスの手厚さを感じます☆
日々の買い物に使うスーパーの近くに、こんな頼もしい病院があって、本当に心強いです。

アナフィラキシーやショック症状に陥ることを心配しましたが、アレルギー反応は、摂取から3時間以内にピークを迎えるパターンが多く、受診した時間が摂取から既に2時間以上経過していたのと、じんましんもよくなりつつあったので、症状を抑えるお薬を出していただいて、症状が落ち着いたら血液検査を、と薦められ、実際それ以上症状も進むことなく、事なきを得ました☆

さて、血液検査をどこでお願いしようかな・・・、この全国展開の病院にするか、マンションの下のいつもお世話になっている小児科の先生にするか・・・、迷った結果、やはり母子3人でいつもお世話になって、兄のちえろうのアレルギーの経過や当時の数値までも分かって下さっている小児科の先生の方が安心だし、なんせアレルギー科を掲げるホドご専門でもいらっしゃるので・・・、決めました!行ってきました!!ゴミ捨て気分で血液検査に!!!(笑)

結果・・・。
ちえりこは、卵と牛乳のアレルギーでした。
小麦も心配しましたが、小麦はマイナスで、パンがゆに少量使用した粉ミルクと、あとはヨーグルトに反応していたようです。
確かに少量食べさせていたときも、ヨーグルトを食べたときはお口の周りが赤くなって、気になってはいたんだよな・・・、ちえりこごめんね、しんどかったね・・・(涙)。
結果を聞いて帰ってきて、本当にちえりこをぎゅーっと抱きしめて、反省しました・・・(涙)。

でも正直、この結果は意外、そしてショックでした・・・。
産まれるまでは、ちえろうが卵アレだったので、覚悟はしていたんです。
でも、ちえりこは乳児湿疹も殆どなかったし、「肌キレイだね~。」と言われることが多いホド、肌トラブルと無縁だったので、今回はアレルギーないんだぁ☆、ベビーフードもよりどりみどり♪と、実際、卵・乳ふんだん使いのレトルトを買い込んでいたホド・・・。

で、こんなにお肌キレイなのに、数値はちえろうの卵アレよりも若干高く、牛乳は更に高いのです・・・(涙)。
アレルギーの奥深さ!?を、3年ぶりに改めて実感・・・(汗)。

でも、大津の小児科の先生のお言葉、ご方針に救われました。

20年ぐらい前までは、完全除去という治療法が主流で、お母さんも摂取してはいけません、と指導していたんです。で、完全除去すれば、確かに肌もキレイにはなるんですが、アレルギー治療の最終目的は、食べられるようになることで、最近では、入院させて無理に摂取させてでも、克服できる体にしようという治療法があるくらいなんです。
だからお母さん、除去なんてしないで、普通に食べて下さいね。むしろその方が、赤ちゃんが実際摂取し始めたときに、抵抗なくスムーズに受け入れる体の準備ができますのでね。
アレルギー反応も、湿疹やじんましんぐらい、何ともないんです。出たら、あ、合わなかったんだな、じゃ、この食材は少しお休みして、もう少し大きくなってからまた始めようかな、って思えばいいんですから。

ちえりこちゃんも、1歳ぐらいまでは、直接のものは控えて、で、控えたところで栄養的にはなんの問題もありませんのでね。
もう少し月齢が進んだら、二次製品から始めてみて下さい。
うっかり食べさせちゃって、反応が出ちゃったときのためにお薬出しておきますのでね。
ちえりこちゃんぐらいの数値なら、1歳過ぎて、腸の機能が発達してきた頃には、食べられるようになると思いますのでね。

とのこと。
ちえろうの時とは全然違う、ゆるーい除去に、ホッとしました。
だって、ちえりんも卵も牛乳もダメとなると・・・、ちえりんの嗜好的には、かなりツラいもの・・・。
ちえりこが一人目だったら、もっとヘコんでたと思うけど、ちえろうで克服できた経緯を見ているので、卵焼きをモリモリ食べてくれるちえろうがいるので、卵と牛乳と、ダブルパンチでも、前向きになれます☆
ダーリンなんて、卵と乳製品を使ったレトルトを処分しようとしているとちえりんの横で「ちょっとぐらい大丈夫なんじゃないの?」なーんて、言っている始末・・・(笑)。
そんなダーリンもいてくれるから、ますます救われます・・・!?(笑)

ちえろうよりも、哺乳力、首座り、お座り、食欲、どれをとっても勝っていて、たくましく見えていたちえりこですが、血液検査の結果を聞いて以降、ちえりこが、しおらしく、とても愛おしく見えてきました・・・。

ちえりこ、これまで、アレルギーの可能性に悶々とする時間をちえりんに与えずに育ってくれて、気を遣ってくれて、ありがとうね。
環境も変わって、ちえりこの湿疹もヒドかったりしてたら、ちえりん、くじけていたかも・・・。
卵も牛乳も、たーっぷり使ったケーキを、いつか必ず一緒に食べれる日が来るからね☆
それまで、少し、あっさり和テイストを楽しみましょうね♪ちえりこちゃん♪♪

|

« 新横浜駅! | トップページ | 京セラドーム大阪! »

コメント

ご無沙汰してます。
お元気ですか?
なかなかPCを開ける時間がなく、たまに読ませていただいてます。
簡単ではありますが、卵と牛乳アレルギーのことでの食生活、今後のおやつ作りなど、何かお役に立てることがありましたら、いつでもご連絡ください。
こちらからもまた、連絡いたしま~す。

投稿: 関目のあこ | 2011年9月 4日 (日) 06時33分

子供のアレルギー…。本当に大変やろねweep
ウチは幸いアレルギー性鼻炎があるくらいで食べ物にはなさそうなので、その点はありがたいけど、周りには結構多くて、本当にお母さんの大変さ、身に沁みるよ。

でも今回のちえりこちゃんの症状は軽い方?だったの?
つくづく「おウチの下」にかかりつけの信頼できるお医者さんがあるっていいね。よかったね。

母乳あげてるうちは、お母さんの食生活や投薬もホント神経質になるね。
あと、乳腺炎は?もう大丈夫?
「乳腺炎」の字を見ただけで、あの痛みがよみがえる…。
でもそんな大変さも、母乳上げる喜びもひと時のものだよね。頑張れ~~☆☆

投稿: あさきこ | 2011年9月 4日 (日) 22時09分

関目のあこさん、コメントありがとう♪
あこさーん、その後、お元気ぃ~?
ちえりんもメールしようと思いながら、日々バタバタで、すっかりご無沙汰してしまいました・・・、ごめんなさいね・・・。
でも、お読みいただけて、とても嬉しいです☆

そうそう、卵&牛乳、とわかった瞬間に、あこさーん、と叫んでました、ちえりん(笑)。
アレルギーとわかってから、たんぱく源にしても、動物性のモノを積極的に摂らせる気がすっかり失せて、まぁ、月齢的なモノものもあるんですが、お豆腐ばっかり食べさせてて、で、お豆腐をあげる度に、あこさんを思い出すのです(笑)。

みーちゃん、今年も願書提出の日が迫ってきましたね、どーするのかしら?
そんなのもコミコミで、近々、メールさせていただきますね!

また、あそびにきてね☆

投稿: ちえりん | 2011年9月 8日 (木) 23時01分

あさきこねーさん、コメントありがとう♪
ちえろうの時もそうだったけど、アレルギーとわかった瞬間は、ちえりんの食べ物が悪かったんだろうか、とか色々悶々としますが、大人の我々を見てもそうだけど、みんな、どっかしら弱い部分があって、それは心もそうだけど体もそうだと思うんです。
で、それが幼少期のうちに克服できる可能性の高い食物アレルギーぐらいで許されるのなら、ありがたいことだと、思えるようになりました。

ちえろうに引き続き、ちえりこも哺乳瓶嫌いで、今回も図らずも完全母乳生活・・・(涙)。
卒乳の時期が見えなかったちえろうの時と比べて、今回は「いつかは終わりが来るのだから」と、元々、完全母乳生活へのストレスは少なかった方ですが、ちえりこがしばらく牛乳はNGとわかった今、覚悟決めましたヨ(笑)。

ちえりんの乳腺炎の原因は、生クリームの摂りすぎだと思うので、洋菓子はもうしばらく控えますが、そういう話になると、アルコールの方は、早期教育を図るかもしれません!?(笑)

お酒が飲めないのは、人生の半分ソンしてる、というちえりんのモットーを、ちえりこにも叩き込んでやりたいと思います(笑)。

また、あそびにきてね☆

投稿: ちえりん | 2011年9月 8日 (木) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159389/52592753

この記事へのトラックバック一覧です: ちえりこのアレルギー・・・:

« 新横浜駅! | トップページ | 京セラドーム大阪! »