« 教育力 | トップページ | 水ようかん »

2012年8月 7日 (火)

夏祭り

8/5(日)は、学区の夏祭りでした。学区の小学校の校庭で行われる大きなイベントで、自治会でも大々的にアナウンスが入ります。
去年は、夏のお楽しみのひとつでおきらくに参加したお祭りでしたが・・・。
学区の公立幼稚園、会場のお隣に建っている幼稚園に子どもが通っている保護者が、のん気に眺めていられるワケありません、思いっきり出番到来(爆)。

1学年1クラス、しかも今年は21名。世間一般ではたった21名!?と思うけど、「今年は21名もいて賑やかね~☆」とかいうレベルの小規模幼稚園なので、役員じゃなくても、下の子がいても、何かしらのお当番に就かないと回ってかない(涙)、という状況で、ちえりんはわなげの店番を2時間、命ぜられました(笑)。

コレだけに関わらず、公立な上に小規模なので、ほんとにまぁ親の出番が多い。学区というか地区絡みのイベントへの出番も多くて、年末のバザーには、手作り品最低1点提出必須、とか言って、ちえりんに言わせると時代錯誤も甚だしいネタばかり。時代が違うんだし、核家族化で人手が少ない傾向にあるんだから、辞めたらいいのに、と思うけど、そんなコト思ってるのはちえりんだけで、「たいへ~ん。」とか言いながらも、自分達も楽しんできたことだからか、とても前向き☆
イヤなら、アンタが役員やんなさいよ、となるだろうし、大津歴2年、幼稚園ママ歴1年未満、と、思いっきり新参者なので、今年1年はとりあえず黙って粛々とついていっているちえりんなワケですが・・・。

そんなワケで、夏祭りに対して、昨年ほどウキウキ感が薄かったちえりんに反して、ウキウキ感が2倍以上増していたのは、ちえろうくんですヨ。
まず、自分のママが店番をするってのに異様に興奮していて、ギャー泣きのスイミングの先生にまで「ぼくのママ、夏祭りでわなげのお店の人やるんだぁ。」と話したらしいし、前の日の夜なんて「ママがちゃんとわなげのお店の人できるか、ぼく、ドキドキしちゃうよ。」だとよ。
4歳児に心配されるって、どんだけ、信用されてないんだろうか・・・(汗)。
ちえろう、アンタのかーちゃんねぇ、これでも一応、学生時代4年間、新宿のデパートで「いらっしゃいませ~♪」ってバイトしてたんだから、客相手はけっこうトクイよ!?なめんなヨ(笑)

でも、子どもってそういうものなのかもね。
日頃、ママの姿しか見てないから、それ以外のコトをする姿のイメージが湧かないのかも。
ママ友にも「ちえろうくんの気持ちわかるなぁ。私も、バザーとかでPTAの役員のお母さんが店番やってるの、すごい羨ましかったもーん。」と言われました。

店番の間は、ダーリンが子どもたちのお世話をすることになっていましたが、まぁ、ちえろうは小学校の校庭と勝手のわかってる場所だし、お友だちもいっぱいいるから、特段の心配はなしよね。ちえりこが・・・、現在、思いっきりママっ子なので、(涙)、ギャー泣きで、ダーリン即効お手上げ・・・(汗)。
というコトで、「ちえりこちゃんの相手してあげて~♪」と、これまた皆様に助けていただいて、途中ちえりこ抱きかかえつつ、何とかお当番を全う致しました☆
ちえろうに、新宿仕込み客商売を見せつけてやりたくて、ちえりん、頑張りましたヨ!?(笑)

幼稚園のブースで販売される食べ物やゲームのチケットは、ちえろうに渡してあったので、幼稚園内のブースは、ちえろうの知っているママばかりだし、ママたちもちえろうのことは知ってるので、お世話してもらったりして、ちえろうは、夏祭りを大満喫☆
途中、ちえりんのトコロに来て、店番の雰囲気も味わい、最後は、幼稚園のお友だちと小学校の遊具で遊びまくって、走り回って、本当に楽しそうでした。
親目線だけだと、手間のかかり具合ばかりが気になって、敬遠しがちだけど、幼い頃のこういう経験が、人間形成おいて必要なのかもしれない、確かにちえりんも、お祭りとかバザーとか、楽しみだったもんなぁ、と、考えさせられました。

あ、そうそう!大人目線で楽しかった!?コトは、政治家の川端達夫さんがいらしてたコトです。
ボーッと店番してたら、突然SPが3人も現れて、タダコトではない雰囲気に「なになに?誰か来てんの??」とミーハー熱炸裂でキョロキョロ。
え?大津でいじめ問題があったから、視察にきたの??イヤイヤ、川端さんが文科省の大臣だったのって、随分前の話だし(笑)、なんて、考えてたら、川端さんって、滋賀県の方なんだって~(驚)。
そういや最近、よぅポスターで見るなぁと思ってて、でもすっかり勝手に京都の人だと思ってたんだけど(爆)、滋賀県やるじゃん!しっかり有名人輩出して☆
川端さんは、テレビで見てイメージしていたお姿より、うんと小柄な方でした。
献金とかしょーもない話の場所ではなく、この夏祭りの場を、しっかり有効に使っていただきたいモノですワ。

さて、夏休みに入って2週間ばかり経ちますが、夏休みなのを忘れるぐらい、ちょっと外に出れば必ず誰かしら幼稚園のお友だちに遭遇するし、おうちへのお呼ばれもお盛んです☆
街自体の人口が少ないので確率の問題、思いっきり地域密着の地元の公立幼稚園に通っている、というのもあると思うのですが、ちえりんは、幼稚園は遠方から通っている方ばかりのトコロに通っていたので、夏休みに入って、幼稚園のお友だちに会うなんてことはなかったし、呼んだり呼ばれたり、も、あまり記憶にありません。公立小学校にあがってからも、母の意向で夏休みは殆ど祖父母の家で過ごしていたので、2学期始まって、お友だちが遊んだ様子を聞いてとても羨ましく思っていたので、まぁね、何が楽しいかは子ども次第なんですけど、個人的には、毎日誰かしらお友だちに会って、帰るタイミングにこちらが困るくらい、盛り上がってバカ騒ぎしているちえろうが、とても楽しそうで羨ましいです☆

ちえりこがいるので、やってやれるコトに限界があるのがもどかしいのですけれど、楽しい思い出に溢れる、初めての夏休みにしてあげられたらな、と思います♪

|

« 教育力 | トップページ | 水ようかん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159389/55368040

この記事へのトラックバック一覧です: 夏祭り:

« 教育力 | トップページ | 水ようかん »