« 1歳9ヶ月健診 | トップページ | 七五三 »

2012年11月26日 (月)

5歳になりまちた☆

去る10/13、ちえろうくん、めでたく5歳をお迎えになられました☆
本年より幼稚園に通い始めたちえろうくん、幼稚園でのお誕生会にて、お祝いしてもらうことを体験!
お誕生会には、お誕生日の子の保護者もお呼ばれして、ちえりんも参加してまいりましたので、その様子をお伝えしたいと思います。

子どもって、可愛いですね(笑)。
ちえろうくん、お誕生会にママが来てくれることを、随分前からとても楽しみにしていました♪
ちえりんも、この日はちえりこを一時保育に預けて、ちえろうとの時間を楽しむツモリにしていたのですが・・・、この前日にちえりこの風邪が悪化(爆)。咳がヒドくて、夜中に咳込んで起きる日が続いていた上に微熱もあって、お誕生会の参加が危ぶまれ、ダーリンにヘルプを求めてみるも、とても休める状況にない、ちえろうにガマンしてもらうしかない、と非情なご回答(涙)。
ちえろうに「ちえりこのお熱が、明日あがるようだと、お誕生日会に行けないかもしれない。」と、話してみると、日頃聞き分けのいいちえろうには珍しく「そんなのイヤだ。お誕生会には絶対来てほしい。ボクと一緒に前に座ってほしい。おうちの人からのお言葉を読んで、絵本をボクに渡してほしい。」と、大泣き・・・。
・・・、これはもう、ちえりこの熱が上がらないのを神様にお願いするしかないね、状態で当日の朝を迎えました。

幸い、熱はあがりませんでしたが、やはり夜中に咳込んで、睡眠が明らかに足りていない状態で、このまま一時保育に預けるのは、さすがのちえりんも不憫に思って、ちえりこがグズりようなことがあれば、最悪、メイン行事の後、失礼させていただくつもりで、ちえりこを連れて誕生会に参戦することにしました。

しかし・・・、この幼稚園のお誕生会、退室するタイミングなんて失ってしまうぐらい、感動の嵐のステキなお誕生会でした☆
どうせ、子どものお遊戯見せてもらって終わりでしょ、というちえりんの安易な心構えは完全に覆されました(爆)。

まず、お誕生会の司会進行は、大きい組さん(年長さん)に任されています。
歳が1年しか違わない子どもたちが、手作りのマイクを持って、進行表を見ながら進める姿は、なんとも頼もしく感動的☆
お誕生日の子どもたちひとりずつに

おなまえはなんですか?
なんさいになりましたか?
すきなたべものはなんですか?

との、質問をするのも、司会の大事な仕事です。
ちえろうは、この質問に対して、勝手知ったり、と堂々と答えて、すきなたべものについては、ばあばに送ってもらって今年初めて食べられるようになった”なし”と、答えていました。大好物のぶどうかと思いきや、肩透かしをくらったかんじです(笑)。

その後、大人でいうところの記念品の贈呈で、小さい組(年中さん)のちえろうは・・・、
Cimg8410かんむりをいただきました。
すべてオーダーメイドで、ベースの色は好きな色を先生にオーダーしたのだそうです。
まわりの模様は月毎に違って、10月生まれのちえろうは、どんぐりでした。ちなみに一緒にお祝いしてもらった11月生まれのおともだちのは、もみじ。
この模様は、ちえろうを除いたクラス全員が描いてくれたそうで、つまりクラス全員の21名からちえろうの1名を引いた、20個のどんぐりがはりつけてあります♪
「このどんぐりは、○○ちゃんが描いてくれたんだ。」と、名前が書いてあるワケでもないのに、しっかり覚えているのが、さすが子ども☆
なーんか、あったかい気持ちになれる、プレゼントですよねぇ~☆☆

Cimg8412それからもうひとつ、誕生絵本をいただきました♪
「ぞうくんのさんぽ」シリーズの、ちえろうが主役となった絵本になっています。
わぁ~、こんなの、あるんやねぇ~☆
ちなみに、ちえりんが通っていたカトリックの幼稚園では、お誕生会の記念品は、ロザリオでした。
・・・。ロザリオと比べると、いかにも公立幼稚園らしいエコノミーな記念品だけど(笑)、ちえりんは、こちらの方が嬉しいし、子どもらしい記念品だな、と好印象を持ちました☆
担任の先生とのツーショット写真やお祝いのコメント、予めお願いされていた、ちえりんからのコメントや、手形などもはりつけて下さっていて、先生とのこの絵本作りも、ちえろうは先にお誕生日を迎えていたお友達の様子を眺めながら、とても楽しみに、そして満喫したようです。

次に園長先生から、ひとりひとりに、お祝いのお言葉をいただきました。
コレが、ヤバくって・・・、自分の子どもじゃないのに、既にウルウル・・・。
だけど、お誕生会如きで泣いとったら、どんだけ親バカやねん、って言われると思って、ちえろうの番の時は、グッとガマンしたんですが・・・。
ちえろうの次の番だった、ゆうなちゃんの時、ゆうなちゃんのママったら、ハンドタオル握り締めて大泣き(爆)。
その瞬間に、あぁ泣いていいんだ、と心が緩んで、そしてハッと気づいたら、ちえりんの前に座ってらしたひびきくんのおばあちゃまも涙がこぼれていて、ちえりんも一気に感極まったモードになり、マスカラが落ちるのも構わずに、その感動に身を委ねてしまいました。

冷静になって考えてみると・・・、コメントのために、ここ2.3日は、園長先生、お誕生会該当者の子どもたちの様子を一生懸命見てはったんやろうな、と思うのだけど(なんて根性の悪いコメント(爆))、にしても、園長先生直々、日々の保育に携わりお言葉をいただけるというのは頭が下がりましたし、そんな風に見て下さっているのだ、と思うと、ありがたい気持ちになりました。
小規模園ゆえに成せるワザなのかもしれませんが、とはいえ、園長先生は地域の方との折衝や事務処理など、業務は広範囲わたってお忙しいと思うのです。

ちえろうのコトは、色んなモノになりきってめいいっぱい遊びを楽しめるトコロと、自分が遊ばなかったものでも進んでお片づけしたり、幼稚園やクラスのために喜んでお手伝いをしてくれるトコロを褒めて下さっていました。
担任の先生のコメントには、”いつもたのしいおはなしをしてくれるちえろうくん”というのがあって、ちえりんもよく”また、たのしいおはなしたくさんきかせてね”と書かれていることがあって、母親に「なにを話しているの?」と嫌そうな顔して突っ込まれていたことを思い出して、血は争えないな、と思わず笑ってしまいました。
ちえりんは、自分の体験から、おはなしするのは悪いことだと思っていないし、言われて困るようなことはしていないツモリ!?だし、ビールばっかり飲んでるとか、ブチ切れるとか発言してるのは、カミングアウト済なので、彼の行動を広~い心で!?、受け止めることにしました(笑)。

ちえろうが、どうしても来てほしい、と泣いた理由が、やっとわかった、本当にステキなお誕生会でした☆
園長先生に「こんなステキなお誕生会だと思っていませんでした。子どもたちがチャンチャンとお遊戯やるのを見せていただくたけだと、簡単に思っていて。ステキな一日を、本当にありがとうございました。」と素直にお礼を述べると、「お子さんのお誕生日は、おうちの方にとっても特別な日ですから。」とおっしゃって下さって、時代も違うし、今の幼稚園は、どこも似たり寄ったりなコトをしているのかもしれないけど、ちえりんが子どもの頃とは明らかに違う、子どものお誕生日の捉え方に、あたたかい気持ちになりました。

何かと叩かれることの多い大津市ですが、大阪市もそうだったけれど、現場の先生方は、ほんとうによくして下さっています。
ちえろう、いい教育者に恵まれてよかったね☆

来年のお誕生会に、さらに大きくなったちえろうが見れるのが、楽しみです!
ちえりこも、にいにと同じこの幼稚園で、お誕生会の主役になれるといいね!!

|

« 1歳9ヶ月健診 | トップページ | 七五三 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159389/56192774

この記事へのトラックバック一覧です: 5歳になりまちた☆:

« 1歳9ヶ月健診 | トップページ | 七五三 »