« 名古屋アンパンマンこどもミュージアム | トップページ | 掃除機買い替え »

2013年3月25日 (月)

電子ピアノのごほうび

我が家に、ついに、電子ピアノがやって来ました!

ちえろうは、秋から、ピアノのレッスンを始めました。
と、いうと、「え?ピアノもやってんの??」と、ビックリされるんですが、大津に来てから続けているリトミックのお教室で、オプションでつけただけで、おけいこの数的には、変わりはありません。

ピアノを始めたいと言い出したのは、ちえろうの方。
リトミックの発表会の準備で、いつも教わっているリトミックの先生とは違う、ピアノ専門の先生の伴奏でレッスンを受けたときから、「ボクも○○先生みたいに、ピアノ、上手に弾けるようになりたいなぁ。」と言い出して、以来、ピアノのレッスンが始められるようになるのを、首を長くして待っていました。

ピアノの先生は、何人かいらっしゃるんですが、ちえろうが憧れた先生は、そのボス的存在で、「子どもがピアノを弾くのを楽しくさせてくれる」と評判♪
確かにピアノもとてもお上手で、ちえろうが憧れの言葉を発する前から、ちえりんも表現力が素晴らしいな、と思っていたので、ちえりんがそう思うのと同じタイミングで、興味を持ったちえろうには、一目おいているですけれどもね(笑)。

そんな理想的な動機づけのお蔭で、レッスンも、おうちでの練習も、順調に進んでいきましたが、鍵盤が足りなくなるまではいいかなぁ、所詮、子どもの言ってるコトだから、ドコまで続くかわかんないし、と、おうちでの練習は、ちえりんの嫁入り道具のキーボードで済ませておりました。

しかし、3月の発表会に、始めて半年のちえろうも、いっちょ前に参加することになり、練習を始めた頃から、「おうちのキーボードと、お教室のピアノだと、なんか鍵盤が違うんだよね。おうちでは上手に弾けるのに、お教室のピアノは固くて、おうちで練習した時みたいに弾けないんだよ。」とか、生意気なコトを言い出したっ(爆)。

・・・。だけど、ちえろうの言うことは間違っていない。これはきっと、カレの本当に素直な感想なのだろう・・・。
ちえろうのお教室のピアノ発表会では、はじめての年は、親が伴奏するのが定番行事となっていて、それは、子どもの緊張をほぐすためと、親子共々いい経験になるから、ということなんですが、それでちえりんも伴奏参加のため、必死こいて練習の冬となったワケですが、そのレッスンの中で、久々に本物のピアノで弾いたときに、ちえりんも、改めてピアノの奥深さを感じ、キーボードで練習を続けさせることに疑問を感じていたのです。

キーボードは、さほど力がなくても、音が出るし、どんな力で叩いても、同じ音しか出ない。
だけど、ピアノはきちんと叩かないと、音が出ないし、逆に、力のかけ具合で音の強弱がつけられるので、この体験をするかしないかでは、のちのちの表現力に大分差がついてくるのではないかと。
そして、何より、そのことに本人が気づいてしまっているので・・・、決めました!
「発表会で上手に弾けたら、、ピアノ、買ってあげる!」と(笑)。

発表会当日。
「間違えちゃったら、どうしよう・・・。」と、半泣きになりながら、緊張のあまり頻尿に悩まされながら(笑)迎えた本番でしたが、先生の伴奏で弾いた2曲、ちえりんと一緒に弾いた1曲、いずれもちえろうはパーフェクト☆で、むしろ、ちえりんが間違えちゃって「ボクは間違えなかったけど、ママは間違えた。」と言われ続ける大失態をおかしてしまいました・・・(汗)。

発表会翌日、さっそく楽器店を訪問。
環境が許せば、アップライトを買ってあげたいのだけど、住宅事情的に難しいよね、ということで、タッチにこだわって探した電子ピアノでガマンしてもらうコトにしました♪

Cimg8792_2ローランドのHP505です。
王道好きのちえりんがローランドにしたのは、というか、ヤマハにしなかったのは、意外な選択でしたが(笑)、ピアノに通じたママ友が、やはり子どものレッスン用にローランドを買っていた人が多かったのと、ヤマハの電子ピアノは、音のなじみはいいのだけれど(聞き慣れているという意味で)、タッチが軽すぎるのが凄く気になって、このローランドのに決めました。
所詮電子ピアノなのは分かっているけど、タッチは大分、本物に近いのを選べたように思います。

ちえろうも喜んでくれて、楽しく練習できている様子が、練習中のメロディから伝わってきます♪
ココだけの話、ちえろうの練習の熱心さは、ちえりんの小さい頃よりもはるかに上。
ピアノが来る前から、毎日欠かさず練習はできてたけど、最近は、幼稚園に行く前に時間があると、「練習しちゃおうっと!」と、自分からピアノの前に座ってます。
まぁ、幼稚園から帰ってきて他の遊びをしたいから、というのもあるのかもしれませんが、それでも、自分から練習する気になれるというのは、とても大事なコトだと思っています。
「練習しないなら、ピアノ辞めんで。」とか、子どもには脅しかけてるけど(爆)、じゃあちえりんはできてたのか・・・!?、レッスン前日に尻叩かれながらやってたもんなぁ・・・(汗)。
ちえろうの前では、絶対に!、聞かせられませんが(笑)。

ちえりんも、初心者向けの楽譜を買ってきて、自己錬を楽しんでいます♪
そして、弾けるようになったのが、cowcowのあたりまえ体操(爆)。
・・・。なんか・・・、もっと他にあるやろ、と自分でも思うのだけど、ちえろうが幼稚園で、このあたりまえ体操を人前で歌いまくっているらしいので、コラボしてみようかと思って・・・!?。
案の定、ちえろうどころか、ちえりこまで、歌えるようになりました・・・(汗)。
どこかの住戸から、あたりまえ体操ばかり聞こえてきて、耳障り(怒)、とクレームがつくことのないように、気をつけよう・・・(汗)。

どんな時も、人の心に寄り添ってくれる音楽を愛せる人に、奏でられる喜びを感じられる人に、ちえろう・ちえりこには、育ってもらいたいと思います。

|

« 名古屋アンパンマンこどもミュージアム | トップページ | 掃除機買い替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159389/57222402

この記事へのトラックバック一覧です: 電子ピアノのごほうび:

« 名古屋アンパンマンこどもミュージアム | トップページ | 掃除機買い替え »