« ダイニングMOO | トップページ | 「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」 »

2013年7月16日 (火)

ディズニーライブ!2013「ミッキーのひらけ!魔法の本」

Cimg89307/15(祝)に、ディズニーライブ「ミッキーのひらけ!魔法の本」に行ってきました。
毎年、我が家から徒歩圏内のびわ湖ホールというところで、この夏の時期に開催されているのですが、男の子のちえろうが楽しめるのかな、というのと、ちえりこがジッとしていられる自信がなくて、見送ってきました。

最近、テレビに映るミッキーやディズニーランドを見て、ちえりこが「いってみたいな~」と言うのと、ちえろうも「ミッキーに会ってみたい。」というので、会場までこの近さ、という立地も、転勤族の我が家には期間限定だし、連れてってみようという気になりました。
それに、生まれてこの方関西育ちの我が子たちは、ナマのミッキーを見たことがないのです。
だからと言って、あの行列を思うとディズニーランドに連れていく勇気はないし、ちえろうは何とかなるにしても、あのおてんば娘のちえりこは絶対に無理と思うし、ディズニーの世界を体験するには、いい機会かなとも思いました。

ミッキーの住むディズニーランドが東京にあることは知っているちえろう。だからミッキーは新幹線に乗って大津に来てくれると思っているので、なかなか幕の開かないステージを見ながら「なかなか始まらないね、間に合わなかったのかな、ミッキー。」と不安げ。
最近、小生意気な発言が多いちえろうだけど、まだまだカワイイところ、あるじゃないか(笑)。

ミッキーやミニーは、あくまで進行役で、ストーリーは、白雪姫、シンデレラ、美女と野獣を、子どもが飽きないようにコンパクトにまとめたモノでした。
ディズニーのどのお話もそうですが、必ず悪役がツキモノで、特に白雪姫はランドのアトラクションもそうだけど、けっこう恐いんですよね。それで、初っ端から大号泣の子どもが続出で、会場は暗いし、間の休憩時間まで持たずに帰られる方がけっこういました。いい値段するのに、もったいない・・・。(涙)
我が家の子どもたちは、「なんで泣いてるの?」って感じで、両者とも集中して楽しんでおり、心配したちえりこも、最後まで一度もグズらずに鑑賞することができました☆
ちえろうも、話自体はプリンセスものだったので、どうだったかなぁ、とちょっと不安だったのですが、「シンデレラのおかあさんさ、あんなイジワルばっかりして、ヒドいよね。今度、ディズニーランドに行って会ったら、「こらーっ。イジワルばっか、すんじゃねぇ。」って、怒ってやるよ。」と、気分はすっかり正義の味方で、面白かったです。
更に、ちえろうのこの感想がウケた!「あのさー、ミッキーって、あんな声だったんだね。ぼく、はじめて聞いたよ。」
これには、ほんとに大爆笑で、「わかるぅ~!ママもはじめて聞いたとき、ちえろうとおんなじ風に思ったよ~。」と、意気投合してしまった(爆)。
最近、こういう、いわゆる大人の会話、っていうのかな、が増えて面白いんです、ちえろう。

楽しかったんですけど、個人的には、ストーリーを短くしすぎて、大人の視点からすると、肝心な描写が抜けてしまったり、物足りなかったりする部分が多く、ちょっと惜しい気がしたし、子どもたちにも、それぞれの物語の真意が伝わっていないだろうな、と感じて、今、それぞれのストーリーのディズニー映画をレンタルしてきて、順次、見せているところです。

その影響もあって、現在、ちえりこの頭の中は”おひめさま”でいっぱい☆
そもそも、帰ってきた日の夜も「おひめさま、いっぱいいた」と言いながら眠りに就き、「ちえりこ、おひめさまね」と言ってワンピースを着たがったり、「にいに、おうじさまね」と、兄におひめさまごっこを強要する始末・・・。
ちえりこの女子魂を、目覚めさせてしまったようです・・・、フフフ・・・☆

|

« ダイニングMOO | トップページ | 「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159389/57890998

この記事へのトラックバック一覧です: ディズニーライブ!2013「ミッキーのひらけ!魔法の本」:

« ダイニングMOO | トップページ | 「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」 »