« 被害者・・・ | トップページ | キッザニア甲子園その2 »

2014年7月12日 (土)

キッザニア甲子園その1

行くと決めた春から、ちえろうがずーっと楽しみにしていた、キッザニア甲子園に行ってきました!
けっこういい値段するのに、4つ回れればいい方、とか、色々ウワサを聞いて、大人の私もドキドキ・・・。
入場可能になる8:30ギリギリの到着、と、決して早い方ではない、むしろ出遅れた感じで、スタートしました(爆)。

Cimg9554ちえろうくん、まずは電車体験へ。
キッザニアは食べ物系の体験が人気だそうで、最初のアクティヴィティを電車にする人はあまりいないようで、「食べ物系の予約、取らなくてよろしいですか?」と、確認される始末・・・。
行く前にも「食べ物系は、後からやりたいって言われても無理だからね、ほんとにいいのね?」と確認したのだが、絶大なる人気のハイチュウ作りや巻き寿司を含め食べ物系は全く興味がないようで・・・。
運転士と車掌の枠がちょうど1名ずつ空いていたので、ちえろうが運転士、ちえりこが車掌のペアで、すぐに体験することができました♪ラッキー☆

Cimg9569お次は、やりたいお仕事第2位の医師です!
家では開腹手術をやりたいと言っていたのですが、胸腔鏡手術なら今すぐ体験できる、というウリ文句に流されて即決(爆)。
最近「ボクは東大医学部の心臓外科医になる。」が決めゼリフのちえろうくんには(笑)、個人的には開腹手術をぜひ体験していただきたかったけど、ちえりこが一緒だったので、コレぐらいでちょうどよかったのかな・・・。
ちえりこは、医師でもなく看護師でもなく、タダの介助のヒト状態でしたけどね(爆)。
手術系の医師は、モニターか、画像を撮っている吹き抜けを挟んだ場所からしか見れなかったので、画像に残すことを諦めたのですが、意外にキレイに撮れてますね(爆)。もうちょっと、頑張ればよかった・・・。

お次は、最初で最後のちえろうとちえりこ分かれての行動でした。
Cimg9614ちえろうは、やりたいお仕事第1位の裁判所へ!!
裁判所って、キッザニアの中でもあまり人気のないブースだそうで、私も、なんでちえろうがそんなにやりたがるのか、そもそも、裁判所のお仕事なんて、どこで覚えてきたのか、本当に理解不能なんですが、「絶対、裁判官をやりたい!!!」と、家で吟味している時から不動の1位だった裁判所のお仕事・・・。
案の定、すんなり入れたので、後はダーリンにまかせて・・・。
というのも、お仕事的に自分の意見を述べたりまとめたりしなければいけないシーンが多いせいだと思うのですが、6歳以上と年齢制限がありまして。
裁判所では、裁判官以外にも検察官、弁護人の役などもあるのですが、無事、裁判官の役をキープできたちえろうは、憧れのいちばん見晴らしのいい席に座り、とても満足げな顔をしていました☆
保護者は裁判を傍聴することができ、ダーリンの報告によると、それなりに子どもたちに吟味させるシーンが設けてあり、裁判官はそのやり取りを聞いて、どういう判決を下すか、そしてその理由を述べなければならない場面があったそうです。小1の、と言っても、幼稚園に毛が生えたレベルのちえろうにはなかなか難しい状況だったと思うのですが、なんとか言葉にまとめていたとのことで・・・。
なぜ裁判官にそんなに興味があるのか、ちえろうに聞いたことがあるのですが「人の人生を決める、とても大事なお仕事だから。」とのこと。なんだ、その、優等生みたいな回答は(汗)、と、ドキッとしたけど、おっしゃる通り、判決を下す、その重さ、難しさ、を少しでも感じ取ってくれたらいいな、と思います☆

Img_0348さて、ちえりこちゃんは、バスガイドさんにトライ♪
ほんとは、ちえりこも傍聴席に連れ込んで、ちえろうの裁判を傍聴したかったのですが、彼女に「にいにの裁判を一緒に聞くか、なにか乗り物にでも乗るか、どっちがいい?」と、尋ねたところ、「乗り物のる。」とのこと。
で、裁判所の近くにバス停があったので、お客さん役でバスにでも乗せて、茶を濁そうと思っていたら、「お客さんじゃなくて、お仕事したい。」と言い出し、頼みの綱のちえろうもいないのに大丈夫なんかいな、と思いつつも、「お手伝いしながら進めますので、だいじょうぶですよ♪」という係のおねーさんの言葉を真に受けて・・・、そうこう言うてるウチに、かわゆーいバスガイドさんの制服着て、ちっちゃいお帽子斜めにつけてもらって、ちえりこ、ゴッキゲーン☆
文字の読めないちえりこには、復唱するスタイルでガイドをさせるのですが、なに言ってんのかよくわからない、のに大きな声で流れるガイドは・・・、なんか異様な雰囲気が漂っていましたよ・・・(汗)。
でも、いっちょ前に、手を前で合わせて、お客様が乗られるタイミングに合わせて頭下げたり、すっごく可愛かったです☆

Cimg9574ちょうどいいタイミングでちえろうと合流し、今度は成り行きで、予定外の飛行機体験をするコトになりました!
パイロットとCAの枠が1名ずつ空いていたので、そこに放り込む形です。
ちえろうは男の子だからモトモト乗り物系という意味で好きだし、飛行機も何度も乗ったことがあるので興味津々でしたが、ちえりこのCAは、親が娘のCA姿を見てみたいダケで、ちえりこは生まれてこの方飛行機に乗ったコトがないので、多分さっぱりわかってなかったと思います。
CAのお仕事も、アナウンス系とエプロンつけてサービス系と分かれており、何も反応しないちえりこは余りものが回ってくる感じでサービス系を仰せつかったようで、「着替えが済みましたら写真撮影できるタイミングでお声かけますのでお待ち下さい。」と待っていたら、出てきたちえりこにビックリ。
エプロンがデカすぎて、ドレス状態(爆)。そのアンバランスな感じに、まず私が大爆笑、そして周りの保護者たちも「カワイイ♪」という意味で大爆笑だったのですが、その笑われた感じがちえりこ的にはいただけなかったようで、「もう、わらわないっ!」とゴキゲン損ねモードになり、写真を撮ろうと私が顔を出すと「ママ見ないで、あっち行って。」で、全く写真が撮れませんでした・・・(涙)。エプロンは引きずり、押すカートからも顔が出てなかったけど、そのアンバランスな感じが、これまた絶妙に可愛かったんだけどなぁ・・・。女の子って、難しいワ・・・(汗)。

ドンクのパンで軽くお腹を満たしたら、後半戦に突入!
続きは、キッザニア甲子園その2、にて・・・。

|

« 被害者・・・ | トップページ | キッザニア甲子園その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159389/59974870

この記事へのトラックバック一覧です: キッザニア甲子園その1:

« 被害者・・・ | トップページ | キッザニア甲子園その2 »