« コーヒーサーバー | トップページ | 桜麗祭とビオディナミ »

2016年11月 5日 (土)

親子で学ぶ ピアノの仕組み

Img_2984関内界隈で、馬車道まつりというのが開かれるというチラシを、ちえろうが学校からもらってきて、出陣してまいりました。
この日は、JRA管轄のお馬さんも出陣して、雰囲気を盛り上げ、道沿いにはたくさんの露店も出ていました。
なんでも、芸術の街に結び付けたいようで、関内ホールでは、音楽にまつわるワークショップがたくさん開かれていて・・・。

毎年モノ凄い倍率だ、と聞いて、ダメ元で申し込んだら、またもや当たっちゃった(汗)。
”親子で学ぶ ピアノの仕組み”という事前申し込みの必要なイベント・・・。
ちえりこも参加できるのか聞きたくて問い合わせたら、「未就学児の方がお越しいただくのは構わないのですが、なにぶん、毎年大人気のものなので・・・。」とおっしゃるので、ダーリンと私と、二名義で応募したら、両方とも当選!なので権利のひとつは、ちえろうのおともだちにお譲りしました♪
Img_2974
ヤマハの方による、ピアノの歴史から始まり、な、なんと、アップライトピアノの仕組みを説明しながら、少しずつ分解してくれました☆
なかなかできない、見れない体験です☆
案の定、ちえろう真ん前の特等席を常にキープして、興味津々。

今のピアノの先生がよくおっしゃることですが「ピアノは打楽器」改めて、その意味がよくわかりました。
そして、グランドピアノとアップライトでは、根本的な作りが違うことも分かり、あんなの聞くと、グランドピアノ、欲しくなっちゃいますね(笑)。ぜーったい無理だけど。

他にも、調律の体験をさせてもらったり、あとピアノの内部にあるハンマーを、ひとり一つずつ、お土産にいただいていました♪
ホントは画像にアップしたいのだけど、子どもたち、どこへしまっちゃったのかしら!?子どもたちの宝箱のありかがわからず、ごめんなさい。

次の日、ピアノのレッスンだったので、子どもたち、ハンマーをレッスンに持って行ってさっそくジマンしていました。
ハンマーには番号がふってあって、先生が数えて下さって、どこの音のハンマーをそれぞれが持っているのか、教えて下さっていました。
ちえりこの方が低い音だったので、ハンマーは少し大きく、ちえろうのは小さめで高い音の黒鍵のハンマーでした。

住宅事情の関係上、家では電子ピアノなので、どうやってピアノの音が鳴っているのか、なかなかイメージしづらかったと思います。
今回の様々な目からウロコの体験を通して、新たなピアノへの興味、弾き方、表現力が広がってくれたらいいな、と思います。
一緒に出掛けたダーリンも、ピアノの仕組みはとても興味深かったようで、家族みんなで芸術の秋を満喫できる、有意義な一日となりました♪

Img_2988帰りに、横浜三塔をめぐりました。
まずは、ジャックの塔、横浜市開港記念会館です。
中区の公会堂として使われているので、この日はやはり、おまつりにちなんでコンサートが催されていました♪

Img_2990お次は、キングの塔、県庁です。
上の突起、もうちょっとがんばって撮ればよかった(涙)。

Img_2993最後は、クイーンの塔、横浜税関です。
こちらは、見学できるようなっていて、税関への知識を深めることができます。
決して規模は大きくないのですが、子どもが楽しめる仕組みが随所にあって、ちえろうも「また来たい。」と申しておりました。
閉館間際に駆け込んでしまったので・・・ね(汗)。
無料ですし、またゆっくり足を運びたいです。

その後、みなとみらい方面に抜けて帰宅の途に着きました。
やっぱいいわね、横浜☆

|

« コーヒーサーバー | トップページ | 桜麗祭とビオディナミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159389/64768781

この記事へのトラックバック一覧です: 親子で学ぶ ピアノの仕組み:

« コーヒーサーバー | トップページ | 桜麗祭とビオディナミ »