« 大岡川の桜 | トップページ | 麻布 »

2017年4月23日 (日)

横浜人形の家

ちえりこの大好きな、いや、ちえろうも大好きな(笑)、シルバニアファミリー展が開催されているということで、横浜人形の家に行ってきました。
話に聞いたり、チラシをもらったりはよくするのですが、はじめてのお伺い♪
常設展はちえろうも見たのですが、シルバニアの展示は、気恥ずかしさもあったのか、ちえろうはスルー。
Img_0335
等身大のシルバニアの展示を楽しんだり☆
Img_0337新発売のシルバニアシリーズの展示を楽しんだりしました♪
シルバニアはいいね、癒されます☆
会場を出たところに、シルバニアで遊べるブースがありまして、そしたら、興味がなかったハズのちえろうが突如あらわれて、「ボクも遊びたい」と、女子に混じってシルバニアごっこを楽しんでおりました(爆)。
ちえりこも、一緒に遊んでくれる人が見つかって嬉しそう・・・。
私は母として、ちょっと恥ずかしかったです・・・(汗)。

その後、子どもたちをはじめて中華街に連れてゆきました。
Img_0346関帝廟です。
ザ・お土産屋さん、みたいなトコロにチャイナドレスのマネキンがあって、そしたらちえろう、マネキンのおっぱいをなんとなくもんじゃったんですね。
私が「ちえろう、なにしとんねん、そんなんあかんで」とツッコもうとしたその矢先、店主らしきじいさんが「そんな歳で、そんなことしたらダメ!」って本気で怒ってきて、ちえろう撃沈(笑)。
じいさん、「そんな歳で・・・。」って、じゃあ、どんな歳だったら、いいんだヨ(怒)ってツッコみそうになったけど、「ちえろう、いこ。」って出て行こうとしたら、今度は私が怒られました。「ちゃんと、教育しなきゃダメだろ。」って。
ちえろうのことが、一体いくつに見えたのかよくわかりませんが、まだよくわかっていない子にそんなコト言う方がよっぽどヘン、教育上悪いと思うのです。
だって、突起物があればなんとなく触ってみたくなる、それって男の性でしょ、本物の女性のを衝動的に触っていたとしたら、そりゃ年齢にかかわらず注意すべきだと思うけど、マネキンだもの、その辺の分別はついていると思うし、子どもがさわっているのに、そういう見方しかできないじいさんが、気持ち悪い、と思いました。
おそらくそんなオトナの事情を理解できていないちえろうは、自分もママも怒られて、なんか、中華街って怖いトコ、食べ歩きできて面白いよ~、って言われてたのに、ちっとも面白くなジャン、ってな感じでいつものテンションはどこへやら・・・、中華街もデートスポットのひとつなのに、なんか、トラウマにならなきゃいいけどなぁ、と母、少し心配です(笑)。

と、大分、話がそれてしまいました。
タイトルは人形の家、ととても子どもらしい感じだったのに・・・。
横浜の奥深さをよりわかりやすく紹介できた、ということにしておきましょうか・・・(笑)。

|

« 大岡川の桜 | トップページ | 麻布 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159389/65906141

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜人形の家:

« 大岡川の桜 | トップページ | 麻布 »