« 夢回廊 | トップページ | お台場へ »

2017年9月15日 (金)

本読み隊

ちえりこが1年生なり、ちえろう共々お世話になっている小学校で、本読み隊というボランティアに参加させていただいています。いわゆる、読み聞かせです。

母としては、今の小学校は3校目になりますが、どの小学校でも、呼び名は違えど、読み聞かせのボランティアはありました。いつも参加したいと思っていたのですが、読み聞かせは朝なので、ちえりこの登園時間とぶつかり、失礼していたのです。

基本、ちえろうとちえりこの学年を中心にシフトを組んでいただけるようお願いしているのですが、この間、体調を崩された方の助っ人で、最高学年6年生のクラスで読ませていただくことになりました。

私はMAX4年生の母、親として未経験な学年なので、めちゃくちゃ緊張しました。読む本も、なにを読んでいいか、迷います、、、。
難しいお年頃の学年なので、ごまかしはきかないと思い、「私は6年生のクラスにお邪魔するのは今日がはじめてなので、とても緊張しています。」と、先にカミングアウト(汗)。

そして困った時には、自分のお得意分野に助けてもらうしかありません、、、。

Img_0726私の卒論テーマ、宮澤賢治の「注文の多い料理店」にしました。
「私がこの本をはじめて読んだのが、皆さんと同じくらいの時でした。これがきっかけで、宮澤賢治という人に興味を持ち、大学で研究することになった、私にとって大切な本のひとつです。読んだことのある方もいるかもしれませんが、今日はこれをみなさんと一緒に読んでみたいと思います。」

先輩ボランティアさんから、「宮澤賢治はかなりまいて読まないとオーバーするよ」と言われていたので、かなり早口で頑張ったつもりでしたが、担任の先生から電話がかかってきてしまうほど、オーバー(汗)。

でも、「大丈夫ですよ!」と励ましてくれて、最後まで本当に静かに丁寧に聞いて下さって、さすが6年生!最上級学年!!と感動しました☆

お母様を通じて「楽しかったよ」との感想もいただき、本当にいい時間を過ごすことができました。

ちえろうやちえりこも、あんな風になってくれる時がくるのかなぁ、、、。
いや、なるように、きちんと、子どもたちと向き合っていきたいです。

そして、「注文の多い料理店」久々にはじっくり読みました。やっぱり好きです、このお話。
いろんなことを、自分に問いたくなります。

|

« 夢回廊 | トップページ | お台場へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159389/65843615

この記事へのトラックバック一覧です: 本読み隊:

« 夢回廊 | トップページ | お台場へ »