2017年8月15日 (火)

長野県を訪れて

恒例のお墓まいりを兼ねた旅行に行ってきました。
お墓のある山梨は大概見尽くしたのもあって、今年は長野県にトライ!
私がちょうど今のちえろうぐらいの時に訪れた七島八島や霧ヶ峰にも足を運んだのですが、中でもとっておきの場所を紹介します!

Img_0542長野の銘酒、眞澄の蔵元ですぅ☆
社会人時代、上司の方々が大好きな銘柄で、私の父も長野県に赴任していたことがあるので大好きで、私にとってはとても身近な日本酒なのです。後味すっきりの眞澄、もちろん私も大好きです☆
蔵元限定の種類などは特になかったのですが、とにかくお店がおシャレでした。キリッとした眞澄にぴったりのスタイリッシュなお店。

帰りに乗った特急かいじで飲んだクラフトビールです。
Img_0600缶に、今回訪れた場所が全てプリントされていたので、「記念に持ってかえろー」と叫んでたのに、他のお弁当と一緒にうっかりゴミ箱へ、、、(涙)。
「あ、捨てちゃった!」とこれまた叫んだ私に、目の前に座っていた私の父、娘のおとぼけっぷりに、正真正銘開いた口がふさがらない、様子でした。
写真だけでも撮っておいて、よかった!

来年は最も高い標高を走る列車、小海線を制覇したいです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

今井浜

お恥ずかしながら、、、初めて子どもたちを海水浴に連れて行きました。
神奈川に帰ってきてからは特に、環境としては、決して連れていけない状況にはなかったハズなのですが、海って、帰ってきてからの後片付けも含めて、ハッキシ言って手間がかかるのです、、、。小さい子どもたちを連れていっても、モトがとれない、大人だけがどっぷり疲れて帰ってくるのがオチのような気がして、勇気が出せず、プールで茶を濁していました(爆)。

Img_0518伊豆の今井浜です。
台風の合間でしたので、海デビューの我が家の子どもたちにとっては、ちょっとハードルの高い波でした。
かくいう私も海は久しぶり☆
ダーリンとは海水浴は行ったことがないので、独身時代以来だったのではないでしょうか、、、。
私は小さい頃は毎年必ず、逗子や熱海に連れて行ってもらってましたし、学生時代も毎年必ず海には誰かしらとご一緒させていただいてましたので、童心に帰って、大はしゃぎ!

さて、子どもたちの様子は、と申しますと、、、。
ほんと、性格がよく出ます(笑)。

旅行前は楽しみにしていたのに、車に乗った途端、「サメがきたらどうしよう」とちえりこ(笑)。海といえば、水族館とか、絵本のイメージしかないので、海水浴場にもサメがくると思ってるんですね(爆)。
でも、いざ海に入って、ワカメが巻きついてくることはあっても、サメはこないとわかったら、大きな波を求めてどんどん奥へ、、、。もちろん、うまいこと波に乗れなくて、激しい勢いでのまれてしまうこともあるのですが、シラーッケローッとして、また沖の方へ出て行くのです、、、。まるで、サーファーのようでした。

アグレッシブなイメージのちえろうですが、アイツは慎重派なので、楽しみにしていた割に、波に慣れるまでは、やっぱプールの方がいいや、とボヤいていました。
午後になってやっと波にも慣れたようで、それでもちえりこと比べると、赤ちゃんか!?とツッコみたくなるようなあさ〜いトコロで波乗りを満喫。本人がそれで楽しいんだったら、私は何も言いませんけどね。

帰らない、まだ海で遊びたい、とねだられるほど楽しかったようで、幸い、逗子も横須賀も、近いので、海水浴、夏の恒例行事にできたらいいな♪

次の日に、城ヶ崎海岸にも行きました!

長い吊り橋が有名ですね。
私が今のちえろうぐらいの頃、国語で「つりばしわたれ」というのを読んだことがあって、当時、吊り橋を見たことがなかったので、ココで体験したのがとても新鮮でした。
ちえろうに確認しても、今は「つりばしわたれ」はやらないようですが、、、。

柿田川湧水群も有意義でした。

水が地下から湧き出ていて、そのポコポコしている様子が見れます。
子どもたちが何気なく遊んでいるこの川も湧水なので、めちゃくちゃ冷たくて、「つめたーい」と叫びながら楽しんでいました。

子どもたちははじめての伊豆でしたが、伊豆はやっぱりいいね!連れて行くことができて、よかったです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)