2014年9月20日 (土)

SANZEN-HIROBA

大阪は枚方にある、くずはモールに行ってきました♪

ここ最近、休みになる度にちえろうが「京阪本線に乗りたい!」と訴えていて・・・。
京阪本線とは、大阪の淀屋橋から京都の出町柳を結んでいる、京阪のメインの電車です。
しかし、三条から乗って淀屋橋まではさすがにキツいので、途中の”樟葉(くずは)”駅にあるくずはモールに行くことで、勘弁してもらいました(汗)。

くずはモールは、大阪に住んでいた時にもよく来ていたショッピングモールです。車を運転しない私が、自力で行ける(車以外の手段で行ける)トイザらス・ベビーザらスがあったからです。
京阪グループが開発したショッピングモールなので、もちろんのことながら駅直結で、他にもセンスのいいショップが入っているのもあって、ちえろうをベビーカーに乗せて、よく来ていました♪
そうそう、ちえりこも使ったマクラーレンのベビーカーを買ったのも、このくずはモールのベビーザらスです☆なつかしいぃ~☆☆

ショッピング嫌いのちえろうが、このくずはモールで楽しみにしているものとは・・・。
SANZEN-HIROBAです。
トイザらスやベビーザらスが入っている、ファミリー向けの棟に、この春新しくできたブースで、かつて活躍した京阪電車の3000系が飾られているのです。

Img_0519載せられるような画像を1枚も撮ってこなくて・・・、もったいないコトをしました・・・。
展示されている3000系に乗り込む様子をパチリ。
3000系には、テレビカーが存在していたコトが大きな特徴です。
今、京阪本線を走っている8000系にはなくなってしまったサービスですが、私が大阪に来た頃には、そのテレビカーは走っていて、実際、京都から大阪に帰るのにテレビを見ながら、京阪電車で過ごした記憶があります。
そのテレビカーを再現してくれているのでした。
他に、京阪のNゲージや歴史などをパネル展示してあり、鉄ちゃんのちえろうは眼をキラキラさせながら、テレビカーを何度も何度も乗り降りし、その子分のようなちえりこも、にいにの後ろをついて何度も乗り降り・・・。
楽しそうでした☆

その後、このSANZEN-HIROBAの設営に伴ってリニューアルされたトイザらスで遊び、この日はダーリンがごはんいらないデーだったので、夜ご飯へと突入!
「なに、食べる~?」と3人で色々物色し、結果、サンマルク系列のバケットへ☆
他におもちゃつきのお子様ランチなどを展開してくれているお店などもあったのに、見向きもせず、パンが食べ放題という呪文にとりつかれたかのように、お店へ吸い込まれていったちえろうでした(笑)。
飲み物も飲み放題で、しかもよくカラオケのフリードリンクにあるような機械を押すタイプではなく、カルピスもオレンジジュースもホテルにあるみたいなデキャンタに入っていたのがモノ珍しかったようで、ちえろうが何度もお代わり・・・。「あのさ、また電車に乗って帰らなあかんから、気を付けてよ。何度もトイレに降りるの、ヤダからね。」と、ヒヤヒヤもんでした。

19:30ぐらいまで樟葉にいて、それから大津まで帰宅。
途中、ちえろうではなくちえりこのおしっこ騒動で多少タイムロスしたけど(爆)、20:30ぐらいにはおうちに着いてたし、こんな時間まで、ベビーカーなしでフラつけたことに、なんか、子どもたちの成長を感じました☆
大阪にいた時によく来ていたトコロに遊びに来ても、何の心配もなく帰れるって、スゴい☆

帰りは、またちえろうご所望の8000系に乗るコトができ、行きも帰りも、8000系ならではの、1階席と2階席があるダブルデッカー車両に乗ることができて、大喜びでした☆
夜の京阪特急に乗るのは私も久々でしたが、新型8000系の高級仕様感に改めて感動。特に、間接照明を取り入れているトコロなどは、昼に乗っているだけでは気が付かなかったので、京阪さんのこだわりに感服でした。
テレビカーといい、JRなら確実に別料金になりそうなサービスを無料で提供してくれるトコロが、いかにも大阪の私鉄らしいなぁ、と思います☆

この日は他にも、今、ちえろうがハマっているトッキュウジャーの食玩が見つかったりと、私も子どもたちも、楽しいことだらけ、いいことだらけ、でした☆

夜の大阪の夜景も美しかったし、やっぱりいいわ、大阪☆
3人で気楽に大阪に来れる!行ける!!コトがわかったので、くずはモール、またぜひ行きたいです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

キッザニア甲子園その2

Cimg9589キッザニア甲子園、後半戦です!
お金も腹も、そこそこ満たってきたちえろうくん、午後イチで銀行へ駆け込みました!!
口座を開設すると、カードとお財布がもらえます♪
キッザニアのどのブースもそうですが、大人は立ち入れないので、まぁちえろうは何とかなるにしても、ちえりこはちえろうが頼りな感じ。
日頃は、妹には異様に冷たいちえろうですが、ちえりこの分の口座開設の手続きもやってくれて、銀行カードに自分で名前を書くのですが、ちえりこの名前、書いてくれてましたヨ☆微笑ましいぃ。

Cimg9596ちょっと時間が空いたので、全く候補に挙がっていなかったのですが、薬局をすすめてみました♪
しょっちゅうお世話になっている薬剤師のお仕事を希望するかと思いきや、おそらく前に銀行に寄ったので、お金を使ってみたかったのでしょうね、お金を払って絆創膏ケース作りに取り組みました♪

Cimg9630コレが意外にヒットで、オリジナルのステキなお土産ができました☆
中に、本当にキッザニア柄の絆創膏が4枚入っています。
製作物は、季節によって変わるそうですよ。
左がちえろう作で、「けがからまもる」とか「じぶんのいのちはじぶんでまもる」とか、謳い文句が綴ってあります・・・、アイツらしいなぁ(笑)。
ちえりこは「トンネルだよ♪」とのこと。行きに、緑とオレンジのライトが交互についたトンネルを通って、「うわぁ、キレイ☆」と感嘆の声をあげていたので、それを描いたのね♪

Cimg9613お次は、ちえろうもちえりこも希望していた、警察にトライ!
可愛さを助長するためか、警察の帽子の前部分と後ろ部分の高低差が激しくつけられているお蔭で、言葉悪くてごめんなさい、ヤバすぎるカワイさ、特にちえりこ♪
いざお仕事が始まってみると、「ちえりこ、大丈夫なのか~?警察、できるのか~?」と、ダーリンが心配していた意味がわかりました。
犯人を捜しに、聞き取り調査に出かけるのですが、聞き取り調査の行動に、係の人つかず・・・(汗)。
ちえろうとちえりこは同じ班にしてくれて、計4人で、階段上ってテレビ局まで出かけるのですが、他の2人も男の子でかつちえろうより明らかに年上な感じで、さっさと行動できちゃうので、ちえりこが必死に追いかけてる感じがあからさま(爆)。
「子どもたちダケで、行っちゃったヨ。」とビビる私に「だから、言ったんだよ!」と、必死で愛娘を追いかけるダーリンの後ろ姿が、印象的でした(笑)。

私もついていって、こっそりのぞいていましたが、確かにちえりこは年齢的にはかなりハードル高かったし、足手まといになっていたと思う。でも、メンツとして加わっている以上、ちえりこにも任務はあるし、そしてまた、やってもらわないと周りの子も仕事が成り立たないワケです。
なんとかして、自分の任務をこなそうとするちえりこの姿、ちえろうは自分の任務に必死でちえりこのコトなんかまるで見えてなかったけど(爆)、その分、他の年上のお兄さんが、ちえりこの手をつないで警察目指して戻ってゆく姿をみて、子どもの力の奥深さを垣間見たような気がしました。
ちえりこのおけいこの先生がよくおっしゃる「できるんです、子どもは力を持ってるんです、もっとお子さんのことを信じてあげて下さい。」という言葉を重みを、噛みしめた瞬間でした。

Cimg9625最後は「(大阪の)あゆむくんのおうちに、この格好の写真あったじゃん。だから、絶対やりたいと思ってたんだよ。」とのちえろうのリクエストで、宅配便にキマリ!
15:00過ぎまでお仕事して、しっかりたっぷり楽しみました。

4つできればいい方じゃない、と言われていたのに、7つもできて、大満足!
人気のないモノばかり回っていたからかもしれないけど、子どもたちがやりたいと言っていたものは制覇できたので、よかったです☆

ちえろうの満喫っぷりは想定内でしたが、ちえりこのお仕事へのハマりっぷり、最後の最後までいっちょ前に楽しむ様子は、本当に愛おしかったし、成長を感じました。
ちえろうがいたとはいえ、3歳半でこれだけ楽しんでもらえたら、親の私も悔いはありません。
ちえろうメインだったので、ちえりこにとってはハードル高いものも、たくさんあったと思います。
ちえろうもちえりこも、帰りの車では爆睡でした(笑)。

キッザニア、また行きたいです!
屋内施設だから、天候の心配しなくていいし、親がついていなくていい、親がついてはいけない施設なので、親も楽チン♪子どもたちの満足度も高いしね☆

ちえりこが最後に「パンやりたかったぁ!」と言っていたので、次はぜひやらせてあげたいな☆
ねぇねぇ、ちえろうも、なんか作ってみな~い??(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

キッザニア甲子園その1

行くと決めた春から、ちえろうがずーっと楽しみにしていた、キッザニア甲子園に行ってきました!
けっこういい値段するのに、4つ回れればいい方、とか、色々ウワサを聞いて、大人の私もドキドキ・・・。
入場可能になる8:30ギリギリの到着、と、決して早い方ではない、むしろ出遅れた感じで、スタートしました(爆)。

Cimg9554ちえろうくん、まずは電車体験へ。
キッザニアは食べ物系の体験が人気だそうで、最初のアクティヴィティを電車にする人はあまりいないようで、「食べ物系の予約、取らなくてよろしいですか?」と、確認される始末・・・。
行く前にも「食べ物系は、後からやりたいって言われても無理だからね、ほんとにいいのね?」と確認したのだが、絶大なる人気のハイチュウ作りや巻き寿司を含め食べ物系は全く興味がないようで・・・。
運転士と車掌の枠がちょうど1名ずつ空いていたので、ちえろうが運転士、ちえりこが車掌のペアで、すぐに体験することができました♪ラッキー☆

Cimg9569お次は、やりたいお仕事第2位の医師です!
家では開腹手術をやりたいと言っていたのですが、胸腔鏡手術なら今すぐ体験できる、というウリ文句に流されて即決(爆)。
最近「ボクは東大医学部の心臓外科医になる。」が決めゼリフのちえろうくんには(笑)、個人的には開腹手術をぜひ体験していただきたかったけど、ちえりこが一緒だったので、コレぐらいでちょうどよかったのかな・・・。
ちえりこは、医師でもなく看護師でもなく、タダの介助のヒト状態でしたけどね(爆)。
手術系の医師は、モニターか、画像を撮っている吹き抜けを挟んだ場所からしか見れなかったので、画像に残すことを諦めたのですが、意外にキレイに撮れてますね(爆)。もうちょっと、頑張ればよかった・・・。

お次は、最初で最後のちえろうとちえりこ分かれての行動でした。
Cimg9614ちえろうは、やりたいお仕事第1位の裁判所へ!!
裁判所って、キッザニアの中でもあまり人気のないブースだそうで、私も、なんでちえろうがそんなにやりたがるのか、そもそも、裁判所のお仕事なんて、どこで覚えてきたのか、本当に理解不能なんですが、「絶対、裁判官をやりたい!!!」と、家で吟味している時から不動の1位だった裁判所のお仕事・・・。
案の定、すんなり入れたので、後はダーリンにまかせて・・・。
というのも、お仕事的に自分の意見を述べたりまとめたりしなければいけないシーンが多いせいだと思うのですが、6歳以上と年齢制限がありまして。
裁判所では、裁判官以外にも検察官、弁護人の役などもあるのですが、無事、裁判官の役をキープできたちえろうは、憧れのいちばん見晴らしのいい席に座り、とても満足げな顔をしていました☆
保護者は裁判を傍聴することができ、ダーリンの報告によると、それなりに子どもたちに吟味させるシーンが設けてあり、裁判官はそのやり取りを聞いて、どういう判決を下すか、そしてその理由を述べなければならない場面があったそうです。小1の、と言っても、幼稚園に毛が生えたレベルのちえろうにはなかなか難しい状況だったと思うのですが、なんとか言葉にまとめていたとのことで・・・。
なぜ裁判官にそんなに興味があるのか、ちえろうに聞いたことがあるのですが「人の人生を決める、とても大事なお仕事だから。」とのこと。なんだ、その、優等生みたいな回答は(汗)、と、ドキッとしたけど、おっしゃる通り、判決を下す、その重さ、難しさ、を少しでも感じ取ってくれたらいいな、と思います☆

Img_0348さて、ちえりこちゃんは、バスガイドさんにトライ♪
ほんとは、ちえりこも傍聴席に連れ込んで、ちえろうの裁判を傍聴したかったのですが、彼女に「にいにの裁判を一緒に聞くか、なにか乗り物にでも乗るか、どっちがいい?」と、尋ねたところ、「乗り物のる。」とのこと。
で、裁判所の近くにバス停があったので、お客さん役でバスにでも乗せて、茶を濁そうと思っていたら、「お客さんじゃなくて、お仕事したい。」と言い出し、頼みの綱のちえろうもいないのに大丈夫なんかいな、と思いつつも、「お手伝いしながら進めますので、だいじょうぶですよ♪」という係のおねーさんの言葉を真に受けて・・・、そうこう言うてるウチに、かわゆーいバスガイドさんの制服着て、ちっちゃいお帽子斜めにつけてもらって、ちえりこ、ゴッキゲーン☆
文字の読めないちえりこには、復唱するスタイルでガイドをさせるのですが、なに言ってんのかよくわからない、のに大きな声で流れるガイドは・・・、なんか異様な雰囲気が漂っていましたよ・・・(汗)。
でも、いっちょ前に、手を前で合わせて、お客様が乗られるタイミングに合わせて頭下げたり、すっごく可愛かったです☆

Cimg9574ちょうどいいタイミングでちえろうと合流し、今度は成り行きで、予定外の飛行機体験をするコトになりました!
パイロットとCAの枠が1名ずつ空いていたので、そこに放り込む形です。
ちえろうは男の子だからモトモト乗り物系という意味で好きだし、飛行機も何度も乗ったことがあるので興味津々でしたが、ちえりこのCAは、親が娘のCA姿を見てみたいダケで、ちえりこは生まれてこの方飛行機に乗ったコトがないので、多分さっぱりわかってなかったと思います。
CAのお仕事も、アナウンス系とエプロンつけてサービス系と分かれており、何も反応しないちえりこは余りものが回ってくる感じでサービス系を仰せつかったようで、「着替えが済みましたら写真撮影できるタイミングでお声かけますのでお待ち下さい。」と待っていたら、出てきたちえりこにビックリ。
エプロンがデカすぎて、ドレス状態(爆)。そのアンバランスな感じに、まず私が大爆笑、そして周りの保護者たちも「カワイイ♪」という意味で大爆笑だったのですが、その笑われた感じがちえりこ的にはいただけなかったようで、「もう、わらわないっ!」とゴキゲン損ねモードになり、写真を撮ろうと私が顔を出すと「ママ見ないで、あっち行って。」で、全く写真が撮れませんでした・・・(涙)。エプロンは引きずり、押すカートからも顔が出てなかったけど、そのアンバランスな感じが、これまた絶妙に可愛かったんだけどなぁ・・・。女の子って、難しいワ・・・(汗)。

ドンクのパンで軽くお腹を満たしたら、後半戦に突入!
続きは、キッザニア甲子園その2、にて・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

心の里帰り

前回、コンサート観戦のために、大阪出陣をした話をしましたが、ちえりんと大阪の関係性について、語ってみたいと思います。

元々、自他共に認める社交的な性格のちえりんにとって、大阪での日々はストレスフリーの本当に楽しい時間でした。きっと、大阪の気質とちえりんの性格が合っていたんだと思います。
それと、言うても大阪は国内第2位の都市なので、だから、それまでの関東での生活とそれほど生活の質を落とすことなく生活できた、というのもあると思います。

大津にきて3年になりますが、正直、未だ、大阪を恋しく思う感情は続いています。東京から大阪に移ったときほど、この時間を楽しもう、という気持ちが高まらない。
ちえろうにも「ママは、大津きらいなんでしょ。」と言わせてしまうホド・・・。親として失格だと思うけど、それぐらい、気持ちが向いていません。
特に、この春から幼稚園で役員をやらされるようになり、この話も話せば長いのだけど・・・、その決め方やら、考え方やら、またその関連で、地域の行事に関わったりするようになって、ダウナーな日々が続いています。

コンサートのチケットが取れて大阪に行くことが決まったときから、ちえろうとちえりこを連れて1泊分の荷物をもっての移動なんて容易なコトではないけれど、ちょっとでもいいから大阪に滞在したいと思ったのは、心が癒しを求めていたのだと思います。楽しく過ごせていたあの時を、思い出せる時間がほしかった・・・。

ちえろうご所望の京阪本線に乗って京橋に向かい、かつてちえろうとよく出向いた京阪モールを散策。
目的は、ちえりんが大津に行ってから出店したクリスピークリームドーナツ
でっかい荷物を抱えて、母子3人で「ウマい、ウマい」とかぶりつく姿は、かなりウいてたと思うけど(爆)、フレンドリーがウリのちえろうが、店員さんに向かって「ぼくたち、今日は滋賀県からきたんだ。」とアピールしたので、「このドーナツをたべるために、遠路はるばるやってきたんですよ!」と、例の大阪のノリでちえりんが口を挟んだら、「もうちょっと、待ってて下さいね。もうすぐ、滋賀にもいきますんでね!!」と、返してくれる店員さん。
コレよ、このノリが!、このサービスが!!ほしかったのよ。と、嬉しくなりました。
ほんとに滋賀にクるのかわからない、本部で出店の話があがってるかどうかわからなくても、そう返してくれる優しさが、あ~大阪やなぁ、やっぱり大阪スキやなぁ、と、ジーンとした瞬間でした。この返しは、滋賀にも東京にも、ないもん・・・♪

道を歩いていても、おばあちゃんが、ちえろうのために扉を開けてくれたり、途中雨に降られてしまったのだけど、ちえりこのお世話でちえろうにまで手が回らず、レインコートがうまく着れずにちえりんの後ろを歩いていたちえろうのお世話を黙って手伝ってくれるおばあちゃん。
あぁ~、やっぱり大津で感じる違和感は、カン違いじゃなかったなぁ、と感じていたそのとき、ちえろうが「大阪の人って、優しいよね。ボクより歳上なのにさ、ドア開けて待っててくれたりさ、声かけてくれたりさ。」
こういうトコロで、子育てしたかったな、涙が出そうになりました。

大阪では、何人かの方とお会いする約束をしていたのですが、雨に見舞われ、お互い子持ちの身、あまり無理は言えないシチュエーションにも関わらず、雨の中出てくるのは大変だから、と、ちえりんが泊まるゲストルームに出向いてくれた大阪のお友だち・・・。
そして、入れ替わり立ち替わり、直接知り合いでもない方たちがやってくる状況に、イヤな顔ひとつせず、というかむしろ、残っているお菓子などを手際よくまとめて手土産の用意をしてくれるなど、世話役に徹してくれたゲストルームの借主のさらちゃんのママ・・・。

一人ひとりのお心が、本当にありがたかったです。
こういう方々の支えがあって、ちえりんの大阪での日々が成り立っていたんだなぁ、と改めて、実感。
ゲストルームから駅に向かうとき、その道はかつてちえりんの生活路であったんだけれど、涙が止まりませんでした・・・。

ちえろうもちえりこも、どのお友だちとも、日頃こんなに離れて過ごしているとは思えないほど、打ち解けて仲良くなって遊んで・・・、「また、おおさか、いきたいなぁ。」とちえりこまでがつぶやくホド、楽しい時間だったようです。
大阪の人のあたたかいお人柄に触れて・・・。帰りのこと、京橋駅にて「大阪はなれなくな~い」とちえろう号泣。それにつられて、ちえりんも号泣。ちえりこ爆睡。(笑)
帰りの京阪特急でも、諸事情により、座席に一人で座ることになったちえろうに「ボクがお菓子食べてひとりで座ってたら、大阪の人はニッコリ笑ってくれた。」そうで、三条で京阪特急を見送るときも「バイバーイ。京阪ありがとう。大阪から送ってきてくれて、ありがとう。」と、これまた、半泣き状態で、手を振ったちえろうでした。
そうよね、アナタは大阪生まれの大阪育ちだものね・・・。

元気をもらうつもりで決めた大阪行きでしたが、大津に帰ってきてからも涙が止まらず、「どうしたの?ボクのことで泣いてるの??」とちえろうに心配をかけるホドでした。
なぜ、ここまで、大阪にこだわってしまうのか・・・。
もちろん、大阪との相性がよすぎる、ってのもあるんですが、大阪は、ちえりんの人生においてのターニングポイントとなる要素が、たくさん詰まっている場所でもあるからなのだと思います。
ダーリンと遠恋していた場所、新生活が始まった場所、家族が増えた場所・・・。
恋人の家に行く途中に通っていた道が、結婚して生活圏になり、その生活圏をベビーカーをひいて歩くようになり、ちえろうという新しい家族を通して新たなコミュニティが生まれ、言うなれば”心のふるさと”のようなものなんだろうな、と思います。

できることならば大阪に戻りたい、これは本当に切に願うことなのだけれど、ダーリンと色々話して、長い人生の中で、そう思える人や場所に巡り逢えたこと、そしてその場所が幸いにも再訪しやすい場所であること、に感謝なのだ、ということで、今は落ち着きました(笑)。

日頃、悶々としているモノが、ちえりんの心の在り方というところダケが問題ではないということもよく判ったし、大阪で培った”おせっかい”の心!?、を大切に、忘れずに、自信をもってまた前に進んでいきたいと思います。

またしんどくなったら、いつでも”心の里帰り”ができるこの距離に・・・、今は感謝☆
大阪、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

おかあさんといっしょスペシャルステージ2013 に行く!

Ca398074去る8/31(土)、夏休み最後の週末に、行ってきました!
おかさんといっしょスペシャルステージ2013

ちえろうもちえりこも、そして誰よりもちえりんが、この日がくるのを本当に楽しみにしていました♪

スペシャルステージは、2010年にはじめて大阪城ホールで開催されて以降、毎年この夏の時期に、開催されています。
2010年のスペシャルステージには、2歳のちえろうとまだちえりんのお腹の中にいたちえりこと一緒に行ったことがあり、このスペシャルステージには特別な思い入れがありました。

早いもので、ちえりこも、ちえろうがスペシャルステージを観に行ったのと同じお年頃になり、家でもとにかく、このコンサート系のおかあさんといっしょが大好きで、2012年のスペシャルコンサートの録画を毎日のように観たがるちえりこの姿が、当時のちえろうの姿と重なって、今年はどうしても、ちえりこをスペシャルステージに連れて行ってやりたい、城ホール開催のスペシャルステージに、連れて行ってやりたい、と思うようになりました。
大津にきて3年目・・・、ぼちぼち辞令がいつ舞い降りてきてもおかしくない時期に入って、大阪に行ける距離に住んでいる間に、ちえろうと同じ体験を、同じ場所で、ちえりこもさせてやりたい、と強く思ったのです。

それで、2010年の時にお誘いして下さったなおくんのママに、チケットの取り方及びお誘い(ココがポイント(笑))をし、あらゆる手段を使って、最終的にはなおくんのママに、チケット発売当日にローソンにパシらせて(爆)、ゲット☆
確実に取りたかったので、倍率の低そうな10:30開演にしたので、大津から出向くのはキビしいな、というか、どうせなら大阪出陣を徹底的に楽しみたい、というのもあって、ちえろうの幼馴染みのさらちゃんの住むマンションのゲストルームを押さえてもらって前泊コース、と、色んな人を巻き込んで、ツカって、この日に至りました(笑)。

城ホールに、だいすけおにいさんとたくみおねえさんが登場したとき、ちえりん、冗談抜きでウルウルしました。
来れてよかった、ちえろうとちえりこと3人で、再びこの場所に来ることができてよかった・・・☆

その横で、ちえりこは、目の前に広がる現実を把握できない様子でかたまってる(爆)。3年前には、ちえりんのお腹の中から様子見していたことを、ちえりこは覚えているでしょうか・・・。
そして3年前と変わらないメンツで参戦できたちえろうは、久々の再会とはとても思えないホド、なおくんと打ち解けて、途中二人で手と手をパチパチ合わせたりしながら、コンサートを満喫。その姿にも、成長を感じて、本当に胸に迫るモノがありました☆

Cimg9089今回の戦利品はコチラ。
前回のコンサートのときにも買ったコップ。コンサートでの限定販売で、当時とはキャラクターが変わってしまったので、あったら買いたいな、と思っていました♪
目論見どおり、ちえりこは「みーにゃので。」と、コップ使いをリクエスト。
「ポコポッテイトのもゲットできてよかったよね。」と、ちょっとアニキ風を吹かせたちえろうのコメントに、いつも笑わせてもらってます。

あとは、ちえりこが大好きなミーニャというキャラクターの髪飾り。カワイイでしょ☆
ちえりこは髪がすこぶる少なくて、ポニーテールとか全くサマにならないので、手にブレスレットみたいにして持ち歩くのにハマってます。

本当にほんとうに、忘れられないステキな夏の思い出になりました☆
なおくん、どうもありがとう☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

最近のちえりん

こんにちは~!
すっかりご無沙汰しておりますが(涙)、すこぶる元気です!!
記事がないワケでもないし、いや、寧ろ溜まってるんですが、なんせ時間が足りない・・・(涙)。
日が変わるまで、余裕で家事してたりして、ちえろうだけで、忙しいとかつぶやいてた自分に、「アマいね。」と言ってやりたい気分です(笑)。

ここ最近、思い出深いイベントが続きまして・・・、どれもほんとは大切にひとつひとつアップしたいのですが、心が忘れないうちに綴っておきたいので、一気にお話させていただきたいと思います・・・。

11/12(土)、以前住んでいた大阪のマンションに、里帰り!?してきました(笑)。
大阪のマンションには、プレママの時からお付き合いさせていただいている元祖ママ友会のメンバーのさなちゃん家族が住んでおり、遅ればせながらの子どもたちのお誕生会と称して、寄せてもらいました♪
これまで大阪までは何回か出向いたことがありましたが、その先環状線に乗るのは、大津に引っ越してきて以来、初めての体験☆
どんな感覚にとらわれるのか、ドキドキしましたが・・・、予想通り、自然に笑みがこぼれる懐かしさと、これは意外だったのですが、初めて東京からダーリンの住む大阪に来て環状線に乗ったときの感情を思い出しました(驚)。
ちえろうとちえりこが産まれた大きな病院が車窓から見えたときに、ちえろうが「主治医の先生、こんにちは~!」と手を振ってくれました。大きな病院が見えると、我が家の原点みたいなのを感じて、帰ってきたなぁ、と感じます。
たかが半年しか経っていないのだから当たり前だけど、ちえりんが5年半住んだ街は、半年前とさほど大きな変貌を遂げることなく、居続けてくれていて、ホッとしました(笑)。

ショックだったのは、ちえろうが大阪での記憶を忘れかけているという事実が発覚したこと(涙)。
ちえろうが住んでいたマンションのことを、初めて訪れたマンションみたいだったと表現するし、さなちゃんのおうちと旧ちえりん邸は同じ間取りなのに、その記憶もないんだそうな・・・。大津に来たばかりの頃は、大阪のおうちと比較して、大阪ではこうだったけど、大津はこうだ、と、色々話してくれて覚えていてくれたのに・・・。
「ママ、ショックだよ。ちえろうと、あんなに毎日通ったマンションのエントランスのことすら忘れちゃってるなんて。」と落ち込んで話したら、「だって、大阪にいたの、随分前の話じゃん。」と、ちえろう・・・。
随分前って・・・、まだ半年しか経ってないんですけど(怒)、と怒ろうとしたら、「そうだよなぁ。35歳のちえりんにとっての半年前と、4歳のちえろうにとっての半年前じゃ、半年前の時間の在り方は違うよなぁ。」とダーリン。
大阪に遊びに行くのが、ちえりんの大人の都合とならないように、ちえろうにも大阪に行きたい、と思い続けてもらえるように、もっと頻繁に大阪に里帰りせねば!と心に誓いました!!(笑)

どうせ里帰りするなら!と欲張って、ちえろうの希望で、大阪に居るときによく行っていた地元のスーパーにお立ち寄りしたのですが、そこにお友だちを呼びつけたり(爆)、マンションでよくしていただいていた方のお宅に突撃訪問したり、とやりたい放題でしたが、どなたもイヤな顔ひとつせず駆けつけて下さったり、おもてなし下さったり・・・。ちえりんが、どれだけ、大阪の皆様のあたたかいお人柄に支えられていたか、改めて、実感したひとときでした。心があたたかーくなった一日でした。

「早く帰んなきゃ!電車混んじゃう!!」と焦る中、「多少混むのはガマンして、せっかくなんだからゆっくりしてきなよ。ご飯作って、待ってるから。」とダーリンからメール☆
それで、大津には19:00着となりましたが(爆)、あんなに大好きな大阪から帰ってきても、やっぱり大津に着いてマンションを見ると、浜風ならぬ琵琶湖風!?を感じると、ホッとするのよね(笑)。
今回の里帰りで、心底大津に帰るのがイヤになるのではないか、と思っていましたが、引越しでバッタバタで後ろ髪引かれる思いで離れた大阪を客観視できる機会となって、大津でもいい思い出をたくさん作ろう!!というパワーに変えることができたように思います♪
先ほども触れましたが、あぁそうか、東京から大阪に来たときも、違和感感じたことあったなぁ、というのを思い出す瞬間が何度かあり、それでも大阪大好きになれたんやから、大津でも大丈夫やで、と背中を押してもらえたような気がします☆

ちえろうの記憶すら曖昧なのだから、ちえりこは完璧にママのお付き合いの旅、となりましたが、あまりグズらず過ごしてくれて感謝しています。大阪まで片道40分、子どもにはなかなかのハードルですよね(笑)。
「おとなしいねぇ、泣いてるの聞いたことない。」とみんなに言われるちえりこに対して、外ヅラがいい、と暴言吐いてるけど、外でおとなしくしてくれるのはあり難いコトですよねぇ☆「そんなイヤミ言うなら、外でも騒いでやるぅ!」と言われないように、きちんと評価してあげたいと思います(笑)。

翌11/13(日)には、2月に赤ちゃんが生まれるご予定のダーリンマターのお知り合いに、ベビーベッドをはじめとした赤ちゃん用品をお譲りしました。
いやぁー、ガランとすっきり☆
ちえろうとちえりこがお世話になったものたちが、また新しい命の誕生のお役に立てるのは喜ばしいことだけれど、特にベビーベッドは、ちえろうが生まれることになって我が家にやって来たはじめての赤ちゃん用品だったこともあって、4年前の感情を色々思い出して、感慨深い一日となりました。
赤ちゃんのいるおうちになった☆と感じたベビーベッドが我が家から卒業していったことは、ちえりんの人生、我が家の歴史においても、ひとつの節目を迎えたのだな、という気がしています。
生活スタイルの変化と共に、ちえりん自身も成長していかなければ、と思います。

そして11/15(火)は、ちえろうが来年入園予定の幼稚園の面接でした。
人生で、ちえろうの入園の面接を2回も受けることになるとはなぁ・・・、昨年は妊婦で臨んだ面接でしたが、今年は10ヶ月目前のちえりこを抱っこしながら、公立幼稚園だしあまり緊張することもなく出陣しましたが・・・。
ちえろうの知力、運動能力のチェックも意外ときっちりしていてビックリ。
園で過ごすのはちえろう自身だし、本人の持っている能力以上の発揮を期待もしていないのでいいんですけど、それだけ、子どもを知ろうとして下さる姿勢が嬉しかったです。
「ちえろうくんが幼稚園は楽しいと思ってもらえるように、園としても尽くしたい、最大限の努力をさせていただきます。」と園長先生がおっしゃって下さって、まぁね、それが仕事なんだから当たり前と言ったらそうなんだけど、色々やり取りの中で、子どもの成長に真摯に関わって下さりそうな様子が多々見受けられて、心から安心してお預けできそうな雰囲気にホッと幸せな気分になりました。
制服、制帽を試着して喜んで園舎を走り回り、お気に入りの先生に「カッコいいね♪」と褒められてご満悦のちえろうの後ろ姿は、制服効果もあって親から見ても成長を感じました。

幼稚園入園に際しては、昨年は、その気になっていたハズのちえろうにも肩透かしを食らわして可愛そうなことをしました。
まぁ、自分の住んでいた家のことすら忘れかけているので(爆)、気にしているのは親だけで、むしろ、余分に家でのらりくらりと過ごせてラッキーぐらいに思っているのかもしれませんが(爆)。
今回も転勤で・・・、なんてのはかなり確率が低いと思うので(笑)、残りのちえろうとの時間を有意義に過ごしたい、そして、ゆっくりじっくり入園準備をしてやって、幼稚園に行くのを心待ちにできる環境を作ってやりたい、と思います。

と、いい意味で、色々心がざわめく時間が続きました。
これからもいろーんなコトがあると思うけれど、良いことも、悪いことも・・・、すべて生きる活力に変えてゆける、心の強さを持ち続けたいな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

京セラドーム大阪!

5ヶ月ぶりに里帰りしてきました♪
久々の大阪ネタですよぉ~♪♪ワーイワーイ♪♪♪

Ca3963148/27(土)に、京セラドーム大阪に行ってきました!
うーん・・・。言いづらいので、以下、大阪ドームにしますね(笑)。
プロ野球観戦と言えば、ビール片手にナイター♪といきたいトコロですが、子連れで野球観戦の機会に恵まれただけでも御の字☆、というコトでディゲームです(笑)。

大阪ドームは、ちえりん、初めて☆
関西圏に居る間に来れてよかった~♪うれしぃ~♪と、写真撮りまくりのちえりんに対して、ダーリンは、野球観戦でもサザンのコンサートでも来たことあるそうで、「え?ちえりん初めてだったっけ??」と余裕のご発言!はぁ、レディと来た記憶でも!?誰か別の女性(ひと)と勘違いしてるんじゃないのっ!!!(怒)

Cimg7251この日は、オリックスVS千葉ロッテ戦!
ビックリしたのは、ロッテファンの熱狂ぶり(驚)。
ココが大阪であるコトを忘れてしまいそうになるホド、けっこうな人数で必死の応援を繰り広げています。
ロッテファンって、そんなにハゲしそうなイメージなかったのに・・・。

やっぱりナマでみる野球はいいわね☆
特にいれ込んでいる選手が出ていなくても、目の前で真剣に繰り広げらる試合の流れを共に喜んだり残念がったりしながら楽しめるのは、贅沢な時間の過ごし方ですよね~♪

と、思うのは親だけで・・・。
膝に抱っこしていたちえりこが、なーんか下を向くので見てみたら、寝ている・・・(爆)。結構な音で、あちこちで応援している人がいたので、そんな中、居眠りできちゃうちえりこの肝っ玉に、さすがのちえりんもビックリ(爆)。
前の座席に座っていた母娘も、何とはなしに振り向いた時に視界に入ってきたちえりこの爆睡っぷりに、二度見して驚いてました・・・。「いやぁ~、かわいいぃ♪」と、フォローしてくれてましたが・・・(汗)。

と、そんなちえりこのお昼寝中に、観客へのプレゼントというコトで、ダーリンが大阪にいた時に御用達だった、たこ焼き屋のくれおーるの割引券が入ったカプセルが観客に向かって打ち上げられたのですが、それがちえりんとちえりこめがけて飛んできた(爆)。
まさか、飛んでくるとは思ってもいないから心の準備ができてなかったし、ちえりこが寝ているので自由に動けないのもあって、カプセルはお隣のおばちゃんに持ってかれました(涙)。
「手出さなきゃ!」と、ダーリンも怒ってたし、ちえりんもほしかったなぁ・・・(涙)。

ちえろうは、お弁当やお菓子を食べ尽くしたら、もうダメ(涙)。野球観戦には興味がないらしく、「もう帰ろうよ。」の連発で、7回裏が終わった辺りで、やむなく撤収となりました・・・(汗)。
4人家族のてんやわんやの始終を見ていらしたお隣のおばちゃんからは、「下の子より上の子が大変やね」とひっじょーに的を得たコメント(笑)。
最近、外で、ベビーカーをひきながらダダこねのちえろうを思いっきり怒っていると、よく言われるんですよね、「4歳前のこの時期が、いちばん大変やね。お母さん、よぅがんばってはるわぁ。もうちょっとしたら、またやりやすくなるからね、がんばりや。」って。
ちえろうだけが悪いのではなく、人並みなんだろうけど、コントロールの難しさに悶々とする今日この頃・・・(汗)。

大阪ドームに行く前に、「大阪5ヶ月ぶりのちえりんのために、寄ってやるよ。」とダーリン、上から目線で、JR大阪三越伊勢丹にお立ち寄りしてくれました♪
同じ家族といえども、大阪5ヶ月ぶりなのはちえりんだけで、ダーリンは滋賀に来てからも何回か大阪に出向く機会があり、その度に「いいなぁ、ダーリンだけ(怒)」と、ちえりんからヒドいひんしゅくをカっていたのです(笑)。

ウワサには聞いていたけど、見違えるようにキレイに使いやすくなった大阪駅に感動☆
三越伊勢丹を「この興奮っぷり、新宿高島屋ができたとき以来やわぁ☆」とダーリンに夢中に話しかけながら歩いていたら、男性の店員さんに苦笑いされながら「いらっしゃいませ~。」と声をかけられ・・・、「新宿高島屋とか言ってる時点で年がバレるし、こんなので興奮してるって、どんだけの田舎モンか、自分でバラしてるようなもんだよ。」とダーリンにも苦笑いされ、やぶれかぶれのちえりんでした・・・(汗)。

せっかくのデパートも、最近は比較対照できる売り場となるとめっきり子ども売り場となってしまい・・・、ちえろうにゴキゲンで過ごしてもらう、という意味でも、結局、子ども売り場と食品売り場ぐらいしかじっくり見れなかったのですが、苦戦している、という意味がやっとわかりました。
”東の伊勢丹”が、西に進出した以上、”西の阪急”に勝るなにかがないと、西の顧客は基本的に阪急にツイちゃってるワケだし、ぶっちゃけ勝ち目はないと思うのですが、そのなにかのアピールが、西の文化と融合するにはちょっと難しいかなぁ、と思う点がいくつか見受けられました。
ブランドも、阪急にも入っているようなお店ばかりで、あえて伊勢丹にいくメリットを見つけにくい。
そして、東出身の、そして三井びいき!?のちえりんとしては、ココは元々三越が出店することになっていたハズなのに、まぁ合併して三越はいわゆる負け組だから仕方ないけど、出店権限が伊勢丹主導で、三越とライセンス契約を結んでいるハロッズの出店がなかったのがショックでした・・・。
三越が大阪に、再度開店したら、もしかしたら限定柄のバッグが発売されるかも、ぐらい期待していたちえりんとしては、ハロッズが入っていないことに気づいた時点で、かなり盛り下がりましたもん・・・(涙)。

とは言え、駅直結で、大津方面から出向くちえりんは阪急より確実にアクセスよし!なので、またぜひ行きたいし♪ルクアは全く制覇できなかったので、大阪、近々また出陣したいです♪♪
大阪の読者の皆さま、お付き合い、よろしくね☆

Ca396316さて、帰りは鶴見緑地線に乗りました♪
鶴見緑地線は、大阪に住んでいたときの最寄り駅でよく使っていたので、懐かしの地下鉄☆
大阪にいたときは、耳で覚えて「ぴちごうせん」としか言えなかったちえろうが、文字を読んだのかな「つるみりょくちせん」と言えるようになっていて、5ヶ月という時間が流れたことを実感せずにはいられませんでした。

下手に馴染みのあった鶴見緑地線に乗ってしまったので、もし、大阪に住んでいたら、コレに乗ってすぐに帰れたのに・・・(涙)、と思ってしまい、帰りの大津までの道のりが異様に長く遠く感じられ、帰宅後のちえりんの第一声は「大津、やっぱり、遠い~、いなか~」となってしまいました・・・(笑)。
そして、これ以降、母に倣ったちえろうも何かにつけて「大阪はよかったよね~。」と言うように・・・(笑)。

あっという間でしたが、久々の大阪、とっても楽しかったです♪
貴重な機会を、どうもありがとう♪♪
遠いけど!またがんばって、出陣するゾ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

関西サイクルスポーツセンター に行く!

Cimg6571去る11/7(日)に、関西サイクルスポーツセンターに行ってきました♪
ひょんなコトから、入場料のタダ券をゲットしたのと、この日にアンパンマンショーが開催されるとのコトで、「こんな辺鄙なトコロでやるアンパンマンショーなんて、たいして混まないよ。」というダーリンの言葉を信じて、「アーンパーンチ!!!」がブームのちえろうくんのために、出陣☆

関西サイクルスポーツセンターは、ちえりんが大阪に来てバイトしていた勤め先の管轄施設であるのと、勤め先の上司に大阪に来た経緯を話していた時に、「関西サイクルスポーツセンターの舗装で、ご主人様の会社にお世話になってるんですよ。」と言っていただいたコトがあったので、ちえりんも一度、行ってみたい♪と思っていた場所のひとつでした。

それにしても・・・、「けっこう遠いよ。」と聞いてはいたけど、ほんとに遠い・・・(爆)。
ネーミングから、交通の便のよいトコロにあるものと勝手にイメージしていたので、細い山道をどんどん登っていく道中にビックリ!そうね、確かにココまでしてアンパンマンショーを観に来る人は少ないわね、とタカをくくっていたら・・・。

まず、駐車場に入るまでに軽く渋滞・・・。「別にみんながみんな、アンパンマンショー狙いではないんだろうけど、間に合わなくなっちゃうなぁ。」と言いながら、なんとか駐車できたと思ったら、ちえろうぐらいの年齢の子どもたちが、どの車からもわんさか出てきて、入り口で「アンパンマンショーはどっち方面ですか?」と聞いたダーリンの質問に、みんな一様に耳を傾けて、走り出す親子まで・・・。え?これ、みんなアンパンマンショー狙いなの!?
となると、妙な競争心が湧いてきて、けっこうな下り坂が続く様子を見たちえりん「自分のペースで行くから、ちえろうと先行って。」とダーリンにお願いしました(爆)。

侮るなかれ、アンパンマンショー。
混雑を回避するツモリで、11:00~のショーに合わせてキたけど、すんごい人!!!!!
11:00ギリギリにクルマ止めてるような一家が(爆)、まともな位置で見れるような状況ではありません。これにはダーリン「アンパンマンショー、甘くみてたな。」と完敗(笑)。

Cimg6570ステージに対して左側から、かなり遠くからではありましたが、少し高い位置から、なんとか眺めるコトができました♪
この日は、丼まんトリオのお話。
すごく積極的にアンパンマンに親しませてるツモリはないけど、「アーンパーンチ!」とか「ハーヒフーヘホー」とか「ドキンちゃんもいまーす♪」とかいうセリフを勝手に覚えて、ぬいぐるみを自分で動かしておうちでアンパンマン遊びを楽しんでいるちえろう。今回改めて、リアルにそれぞれのキャラクターのセリフを聞いてみたら、なんとまぁ、セリフの溜め具合とか抑揚とか語尾の伸ばし具合とか、忠実に再現されていること(驚)。
日頃、家事に熱中したい時に見せるアンパンマンのテレビを、どれだけの集中力で彼が観覧しているのか、よーくわかりました(爆)。自分が相手できないときに見せてるから、ちえりんなんてまともに見たことなかったから、なんで、あんなコト、急に言うようになったのか不思議に思ってたけど。

関西スポーツサイクルセンターを、テーマパークのひとつとカウントしていいかどうかわからないけど・・・、遊園地とかテーマパークって、ほんとにお金かかりますね(爆)。
ちえろうの「アレ、乗りたい。」というのにイチイチ付き合っていたら、お金がいくらあっても足りないので、身長が足りなくて乗れないアトラクションも多かったし、とにかくタダで遊べるポイントを探して、午後は楽しみました♪
簡単な交通規則に則って三輪車に乗れるスペースや、割と規模の大きいボールプール、室内のキッズスペースなど、最近、ちえりんの出不精で、すっかりインドアな日々を過ごしているちえろうにとっては、これでも充分楽しめたようです♪
ちえりんはもちろん、ダーリンも呆れるぐらい、よく動き、よく走り、暴れ回っておりました・・・。

こんだけたっぷり暴れてくれたので、帰りの車は爆睡だろうと思いきや、ずーーーーーっとしゃべり続け、むしろウトウトしたちえりんの方が「ちょっとママ、寝ないでよ。なんで、寝てるの?」と指摘されて、後部座席で居眠りしたのがダーリンにバレる始末・・・。
アンタ、日頃どんだけストレス溜まってたん?と突っ込みたくなりました(怒)。
そしてあと、10分でおうちに着く、って辺りで寝始めるという、最悪のパターン・・・(涙)。

家族みんな、本当に疲れた一日でした・・・(笑)。

関西サイクルスポーツセンターは、場所の割に、行かれたコトのある方が多くてビックリ!
行きの道中では「二度目はないな。」と思ったちえりんでしたが(爆)、施設自体も意外と面白かったので♪、またタダ券があったら、ぜひ行ってみたいです。
今度は、ちえりんももっとアクティブに動ける時に行って、子どもたちと一緒に、思いっきりはしゃいで、満喫したいな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

大阪市立愛珠幼稚園

10/23(土)、れいかちゃんのママに誘っていただいて、大阪市中央区の大阪市立愛珠幼稚園の一般公開に行ってきました♪

Cimg6547幼稚園とは思えない、荘厳な佇まいでしょう☆
コレ、正真正銘、現役の公立幼稚園です。
ということで、日頃は元気いっぱいの園児たちが使用しているのでしょうけれど、国の重要文化財に指定されている建造物です(爆)。
だからこうやって、日を指定して一般公開して下さったのでしょうね。

中は撮影禁止だったため、画像でお披露目できないのが残念・・・(涙)。

幼稚園が建てられた当時、この一帯は鴻池家の土地だったそうで、財界に関わる、いわゆるお金持ちがこの界隈に多く住んでいたことから、子弟への教育にも熱心な親が多く、そのような人々の金銭的な援助もあって、現在まで現存できるようなしっかりした造りの立派な幼稚園が建てられたのだそうです。

当時の家屋というと、町家造りが主流で、幼稚園も例に漏れず、天井が低く、冬は寒く、通風、採光が悪く、非衛生的だったのだそうです。
この愛珠幼稚園は、天井を高くし、周囲の壁面の上部に窓をめぐらすことで、採光と通風をよくしてありました。
また、床下にはおが屑を入れ、冷気と湿気が直接伝わるのを防ぐ作りになっているのだそう。
園庭には土を盛って、園舎の廊下と同じ高さにすることで、出入りの際に園児がケガをしないような、今でいうところのバリアフリーが図られておりました☆
これは斬新ねぇ~。割とあたらしめの幼稚園でも、そんな配慮はなかなか難しいもの・・・(笑)。

この春、色々幼稚園を見て回ったちえりん、どんなに教育がよくても、施設の古い新しい、で、雰囲気って左右されてしまう部分もあるなぁ・・・、というのを実感した、という経験があっただけに、これだけ歴史ある建物で、現役で幼稚園を運営できる、ということの素晴らしさに感動しました。
距離的に通えるなら、公立で保育料も安いし(爆)、通わせたい!、と思ったもの☆

でも、これだけ時間の経った今でも、きちんと使えるということは、当時、どれだけきちんとした施工、技術を施していたか、ということなんだと思います。
ん?ってことは、やはり教育の質の良さは、どれだけお金をかけられるか、っていうことに比例するということ??
富裕層の子弟の学力が高い傾向にあるというのは、よくあるデータですが、個人的にはこの事実を100%肯定するのに抵抗のあるちえりんとしては、色々考えさせられたひとときでもありました・・・(笑)。

何はともあれ、重文に指定されて勝手にイジることも許されず、なにかと不便が多いハズなのに、そんな不自由さを全く感じさせず、お教室も大事に小ギレイに使われていて、とても微笑ましかったです♪
先生方のご努力の賜物でしょう・・・☆

我らがちえろうくんには、「古い幼稚園に行くよ。」と説明していたので、気分は親子教室などでおジャマさせていただいていた幼稚園と変わらず「あいしゅようちえん?アイスようちえん??おいしそうだなぁ」とかホザいて、重文のギシギシ言う廊下を思いっきり駈けずり回って、ちえりんをヒヤヒヤさせまくり・・・(汗)。
こちらに通っていらっしゃる園児の方ならまだしも、アンタのせいで床が抜けたらどーすんのさ(怒)。

そして突然「おしっこー。」と言い出して、お便所の表示のあったトコロに慌てて連れ込んだけど間に合わず、重文の施設内でおもらし・・・(爆)。親子であたふたしてお着替えしてたら、ダーリンに「このトイレ、使っちゃダメって書いてあるよ。」と指摘されて、ちえりん冷や汗ドッヒャーン・・・。ちえろうくんよ、アンタ、よくもやってくれたな・・・。と、ちえりんの心の中は怒りの炎でメラメラと燃えていたのでした・・・。
れいかちゃんのママが「園児さんたちが使ってるおトイレだから、大人の方はご遠慮下さい、ってコトだったんじゃない?ちえろうくんが使ったのなら許してくれそう♪」と言って下さったのが、せめてもの救いだったわ・・・(汗)。

お作法の時間に使うのかな、キリリとした空気漂う畳敷きのお部屋からは、日本庭園が眺められるようになっていて、縁側にご用意下さっていたお座布団に、自ら正座したちえろうくん☆
オッ、たまには親の躾が行き届いているトコロをみせつけてくれるじゃないの♪とホッとしたのも束の間・・・、日本庭園に向かっていきなし「アーメン」とか言い出して(怒)、ちえりん、ほんとにコケそうになりました・・・。
チグハグにもホドがあるっつーの・・・(爆)。

大阪の趣きある風景をまたひとつ、制覇することができました。
れいかちゃんのママ、お誘いどうもありがとう♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

おかあさんといっしょスペシャルステージ 青空ワンダーランド に行く!

アワアワアワ・・・、未だ興奮状態で、まともに冷静な記事が書けるかどうか甚だ不安ではありますが・・・。
そんな心理状態のまま記してみるのも、たまにはいいか・・・(笑)。

8/21(土)、「いつも、こうやって休みの日を有効に使ってよ」とダーリンが言うほど、土曜日にしては珍しくダーリンよりも早く自発的に起床して、朝ご飯の準備とお片づけ、お洗濯とおめかし、その合間にちえろうの身支度を効率的にこなすちえりん・・・。

Cimg6285何を隠そう!今日は、おかあさんといっしょのコンサートの日なんだもの!!
そりゃ、ルーティン業務をこなす手もはずむ♪というモンです。
正式には、「おかあさんといっしょスペシャルステージ 青空ワンダーランド」というタイトルのコンサート☆
ちえりんはそういうコンサートが開催されることすら知らなかったのですが、なおくのママがチケットを取ってくれて、お誘い下さいました♪
なおくんのママ、どうもありがとう☆

今回は、メジャーなファミリーコンサートではなく、モノランモノランと現役のうたのおにいさん、おねえさん、たいそうのおにいさん、おねえさん、に加えて、ぐーチョコランタンと3月までやっていたBSおかあさんといっしょのおにいさん、おねえさんも出演して、うた中心のコンサート。
会場も大阪城ホールと、いつものNHKホールと違って、観客数も多いので、ちゃんとちえろうにも見えるのかなぁ、アーティストのコンサートみたいに豆粒で終わったら、ちえろうには理解できぬまま終わっちゃうかもなぁ、なんて思っていたのですが・・・。

撮影禁止だったので、ちえりんの文字による報告のみでご勘弁くださいよ(笑)。
ステージはアリーナの真ん中に設営されていて、ステージをくるくる回ったり動いたりしてくれるので、思ったより見えたし、花道がちえりんたちのスタンド席の真下辺りから伸びていたので、入退場の時などはかなりの至近距離で楽しむことができました☆

そして中盤には、気球を模したゴンドラにだいすけおにいさんとたくみおねえさんが乗って、会場を一周してくれたので、スタンド席からもそのお姿をしっかりと確認することができ、ちえろうも、ちえりんにつられて「たくみおねぇーさん♪」とお手振りして、コンサートを満喫☆
更におかあさんといっしょで人気のうたを歌いまくるシーンでは、キャラクター、おにいさん、おねえさん、全員が、それぞれ山車みたいなのの上に立って、ディズニーランドのパレードみたいにして、アリーナの外周を何度も何度も、うたが終わるまでずーっと回り続けてくれたので、下手したらファミリーコンサートよりも近くで見れる機会は多かったかも!?

いやぁ~、感動しました♪
ちえろうよりもちえりんの方が、確実に興奮してた(爆)!!!!!
たくみおねえさんやだいすけおにいさんが接近してきたときなんて、自分が「たくみおねぇさぁ~ん、かわいいぃ~♪」と言いながら手を振るのに夢中で、ハッキシ言ってちえろうがどんな顔をしていたのか、いかなるリアクションをとっていたのかなんて、まるでわかんないし、一応保護者だけど、そんなの確認する余裕がなかった・・・(爆)。

考えてみると、最近仕入れる新曲といったら、毎日コンスタントに見続けている、このおかあさんといっしょの月のうたぐらいで、なので、カラオケ行っても、おかあさんといっしょのうたばかり、喜んで積極的に歌ってる・・・、そんな感じなので、ちえりんにとっては、どの歌もノれるものばかりで、そういう意味では、今のちえりんに最もむいているコンサートだったのだと思います♪
どの歌も、これ好き~♪歌える~♪♪ってのばかりでした。

ちえろうに「どのうたを聞けたのがいちばんうれしかった?」と、パレードが目の前に止まった関係で、ちえろうの目の前で歌ってくれた、そしてまた日頃から好きなので「ド!ド!ド!ドラゴン」って言うかな?、と思いきや!!!”ばいばいのうた”・・・。
んーん・・・、ばいばいのうたなんてなかったけど、もしかして家でもよく聞いてる「さみしくなんかないってば」のことかな、と思って口ずさんでみると、ビンゴ☆
これは、意外でした(驚)。
この歌はスローテンポでせつなくて、ちえりんも聞く度に涙が出そうになるような、ちょっと子どもには理解が難しいような感情のこもった歌なんです。
ちえりんはこの歌がすごく好きで、今回リアルに聞くことができて、最も感動した歌のひとつなんですが、その歌を、2歳のちえろうがセレクトしたのは、前述のように意外でもあり、また、感動を共有できたような気がして、嬉しくもあったひとときでした。
子どもって、本当に不思議です。その時は、どうせ見てないんだろ、わかってないんだろ、と思うような態度でも、それなりに何かを感じて学んでるんですよね・・・。

帰宅後、いつもの時間にやっているおかあさんといっしょをテレビで観ていたら「さっきあったじゃんねぇ」と、まるで自分の友だちのような口っぷりのちえろう(笑)。
音質がよいと思っていたいつもの番組も、コンサートから帰ってきた後では、なんともお粗末に聞こえました・・・(涙)。
やっぱナマ、ナマ声って、いいわね、違うわね☆☆☆

Cimg6289こちらは、今回の戦利品です。
子育て中のママには理解していただけると思うのですが、ちえりんは本当は、コンサートに行くとみんなが必ず持っている、買っている、モノランモノランのキャラクターのバルーンを買ってあげたかったんです。
ちえろうは、自分に近いモノがあるからかな(爆)、しゃべり方も趣味もマイペースなライゴーが好きなので、ライゴーのバルーンを買ってあげようと思っていた、っていうか「買ってあげるよ♪」と、ちえりんにしては珍しくこちらからご申告してあげたのに(怒)、「それいらない、いらないの。こっちがいいの、これがいいの」と、ちえろうが執拗にねだったのは、画像のいちばん右のファミレスのオーダーをとる機械のおもちゃ・・・。
こんなの、ココじゃなくてもトイザらスとかで安く売ってるじゃーん、しかもリボンのストラップとかついてて、これ完璧女の子向けのおもちゃだし、と思ったけど、ここ最近、おもちゃのカタログを見ても、サンリオに行っても、このオーダーを取る機械のおもちゃをほしい、ほしい、と言い続けていたので、それがカレの思い出になるのなら、いいか、と観念してお買い上げ・・・。
だけど、それだけじゃ、ちえりんの買物魂の火が治まらないので(爆)、コンサートオリジナルアイテムのコップセットを買いました♪
お友だちが来た時に使おうと思ってたのに、帰宅後から、これまでちえろうの厚い寵愛を受けていたファミちゃんのコップは御役御免・・・、「ライゴーにする、ライゴーに(お茶を)いれてください♪」のオンパレードです・・・(爆)。

おもちゃは、コンサートの後ランチしたお店でも肌身離さず、パッケージを開けていないにも関わらず、お友達のママ相手にファミレスごっこ、帰宅したダーリンも、即強引にお客さんにされてました。ダーリンも見るや否や「ちえろうがずーっとほしがってたヤツじゃん!」と、ちえりんと同じ反応。
ちえりんは、おもちゃのボタン音をあまりに聞きすぎて、もう耳が痛いです(涙)。
これからしばらく、こんな日々が続くのかなぁ・・・、うるさいなぁ・・・、イヤだなぁ・・・(爆)。

炎天下の中、グッズ購入に写真撮影に、と並んだりして、うっかり日焼けをしてしまいましたが(汗)、そんなコトもそんな痛みも、全く気にならないぐらい、母子共に心から満喫するコトができて、とてもステキな一日になりました☆
夏のよい思い出になりました♪
コンサートの最中、一緒にボッコボッコと盛り上がってくれたお腹の子も、覚えてくれてるといいな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧