2017年9月15日 (金)

本読み隊

ちえりこが1年生なり、ちえろう共々お世話になっている小学校で、本読み隊というボランティアに参加させていただいています。いわゆる、読み聞かせです。

母としては、今の小学校は3校目になりますが、どの小学校でも、呼び名は違えど、読み聞かせのボランティアはありました。いつも参加したいと思っていたのですが、読み聞かせは朝なので、ちえりこの登園時間とぶつかり、失礼していたのです。

基本、ちえろうとちえりこの学年を中心にシフトを組んでいただけるようお願いしているのですが、この間、体調を崩された方の助っ人で、最高学年6年生のクラスで読ませていただくことになりました。

私はMAX4年生の母、親として未経験な学年なので、めちゃくちゃ緊張しました。読む本も、なにを読んでいいか、迷います、、、。
難しいお年頃の学年なので、ごまかしはきかないと思い、「私は6年生のクラスにお邪魔するのは今日がはじめてなので、とても緊張しています。」と、先にカミングアウト(汗)。

そして困った時には、自分のお得意分野に助けてもらうしかありません、、、。

Img_0726私の卒論テーマ、宮澤賢治の「注文の多い料理店」にしました。
「私がこの本をはじめて読んだのが、皆さんと同じくらいの時でした。これがきっかけで、宮澤賢治という人に興味を持ち、大学で研究することになった、私にとって大切な本のひとつです。読んだことのある方もいるかもしれませんが、今日はこれをみなさんと一緒に読んでみたいと思います。」

先輩ボランティアさんから、「宮澤賢治はかなりまいて読まないとオーバーするよ」と言われていたので、かなり早口で頑張ったつもりでしたが、担任の先生から電話がかかってきてしまうほど、オーバー(汗)。

でも、「大丈夫ですよ!」と励ましてくれて、最後まで本当に静かに丁寧に聞いて下さって、さすが6年生!最上級学年!!と感動しました☆

お母様を通じて「楽しかったよ」との感想もいただき、本当にいい時間を過ごすことができました。

ちえろうやちえりこも、あんな風になってくれる時がくるのかなぁ、、、。
いや、なるように、きちんと、子どもたちと向き合っていきたいです。

そして、「注文の多い料理店」久々にはじっくり読みました。やっぱり好きです、このお話。
いろんなことを、自分に問いたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

スーパーマーケットお仕事体験

ダーリンが申し込んでくれていた、けいきゅうキッズチャレンジ スーパーマーケットのお仕事体験に見事当選し、ちえろうはお塾の夏期講習真っ只中だったんですけど、お休みして(爆)参加してきました。

日頃お世話になっている、京急ストアにての体験。
京急ストアでは、POPによる販促に力を入れているそうで、その道のマイスターと言われる方のお話を聞きながら、POP作りにトライ!
Img_0622日頃より大好物の、明治製菓の果汁グミの宣伝を考えます。
食べながらやっていいよ、とのことで、元来前にどんどん前に出ていくタイプのちえろうは、筆も進みます。
参加者最年少のちえりこにとっては、少しハードルが高かったかもしれませんが、習いたてのひらがなを駆使して、頑張りました!

それぞれ発表し終わった後は、ランチタイム。
立派なお弁当を、京急ストアさんがご用意して下さってたんですよぉ〜☆感動〜☆

午後は接客の笑顔の作り方の練習やら、店舗での接客体験でした。笑顔の作り方、私も勉強になりましたよぉ。

バックヤードも見せて下さって、ちえろうは昨年の社会科見学で経験済だったようですが、ちえりこにもとっては新鮮だったのではないでしょうか。
店舗の華やかさとバックヤードの現実は、色々考えさせられる点がありますものね。

最後は賞状と、他にもたんまりお菓子やらエプロンやらエコバッグなど、もぅ、じょーだん抜きで持ちきれないホドの土産をいただいて、、、親子ペア1組につき¥1,600。子どもがひとり増える毎に¥800の追加だったので、我が家は¥2,400。
サイコーの一日でした♪

もう少し早く体験できたら、自由研究にもできたのかなぁ。

企画主の京急観光さんでは、他にも子ども向けのイベントをたくさん企画されているそうです。
今回参加されていた方たちも、何回も色々参加されているようで、コンダクターの方とすっかり仲良しでした。
我が家もこまめにチェックして、これからも色々体験させたいな☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

100mメドレー制覇!

ちえろうのスイミングネタです。
久々に合格の証、バッヂをもらってきました。
コーチからタイム聞いた瞬間、何度も何度もガッツポーズを繰り返していました。よっぽど嬉しかったのでしょうね、いや、嬉しかったハズです。

Img_0502テストの後にゴーグルを外さない時は、泣いている時です。
上がってしばらくは、ダメでも次がんばろ、で済まされます。何度トライしても受からない、タイムが切れない、切れないどころか遅くなるときもある、苦しかったようです。もうタイムを書く欄が残り少なくなってきて、「これ、いっぱいになっちゃったらどうすんの?別の紙、はってくれんのかなぁ?」とジョーダン交じりにいう私の声も、浮かない顔して聞いてました。

この週は水泳三昧でした。
朝、学校の特別水泳に参加し、これが記録会を目指した練習だったので、学校の水泳とは思えないほどのハードな練習だったようです。
日頃、スイミングスクールでは指摘されないようなことも、別の視点で見ていただけていたようでした。
そして、夕方はこのスイミングスクールの短期教室。
最後はもう「筋肉痛だぁー、いてえぇー。」と叫びながら出陣していました(笑)。
だから、あまり期待していなかったんですが、筋肉痛になるほどの練習量は、裏切らないんですね。

短期教室のコーチの煽りもスゴかったです。
可愛らしい女性のコーチなんですが、ギャラリーにも伝わるほど、「ほら〜!はやく〜!はやくターンして〜!!間に合わないよ〜!!!はやく行け〜!!!」って、スゴいの(笑)。

いつも一緒に練習していてなかなか抜くことができない友と、テストが一緒だったらしいのですが、最後のクロールで、その友の姿が自分の前に見えなかったとき、イケるかもしれない、力が湧いたそうです。
「でもソイツと一緒に受かりたかったな」とちえろう。
切磋琢磨、とは、正にこういうことなんですね。

今の自分より、ひとつ高みに登ろう、とする時、自分だけの力でなし得ることはなく、いろんな力や様々な人との出会いの中で、はじめて手に入れるものなのだと、思います。4年生になった今、少しはそういうものを理解してくれていたらいいな、と思います。

さぁ、次は200mメドレーの壁に挑みます!
なかなか手強いでしょう。でも、結果だけではなく、その過程に目を向けて、どうしたらなりたい自分に近づけるのか、考える機会にしてくれたら、と祈っています。それこそが、ちえろうにとって何よりの財産となるでしょう☆

がんばれ、ちえろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

図書館体験

夏休みイベント第1弾!
ちえりこが、図書館体験をしました。

夏休み前に珍しく早い時間帯、開館前に図書館に出向いたところ、列ができていて、同じ小学校のお母さまもいらしたので聞いてみると、夏休みに開催される図書館体験の権利ゲットに参戦しているとのこと。無料とあって毎年人気だそうで、図らずも!?私も並んでみることにしたのでした。

はじめにカウンター体験です。結構長いこと立たせてもらった後、返ってきた本を書庫に戻す作業をしていました。
あいうえお順に並んでいる書棚の中から、与えられた本の返却場所を探すというのが、ちえりこには難しかったようで、手こずってましたよ(笑)。
その後、会議室にて本を読んでもらったり、紹介してもらったりしたようです。

公共施設のせいか撮影NGで、その様子を少しでもお披露目できないのが残念、、、。

その代わり、というワケではないのですが、待っている間にに私が見つけた本を紹介します!
Img_0498「おっと あぶない」、子どもがやりそうな危険ないたずらを毒舌的に批判して注意喚起を促すことが目的なのだと思うのですが、その言い回しが、もしかしたら教育的には問題があるのかもしれない、と思うような感じで、でも、子ども心にその強烈なのがなんとも面白くて、よくよく読んでいました(笑)。
久しぶりに巡り合うことができて、とても嬉しかったです☆

翌週、ちえろうも体験しましたが、高学年の部では同じクラスのお友だちの参加もあったりして賑やかでした☆調べ物のやり方などの体験があり、なかなか有意義でしたよ。

夏休み、どこに連れてくか、なかなか悩みの種なのですが、とりあえずひとつ、親の責務を果たせたのではないでしょうか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

ちえりこの授業参観

ちえりこの授業参観に行ってきました!
前回は、体育館で3クラス合同だったので、いわゆるフツーのは初めてです☆
どのように過ごしているのか、授業は聞けているのか、ドキドキしながら、向かいました。

わたしのたからものを紹介する、という国語の授業です♪
そういえば、「コレ、写真撮って♪」と何日か前におねだりしていたちえりこさん。
'私のたからもの'お披露目する姿、拝めるかしらぁ、、、!?

と、親の心配をヨソに、ガンガン手を挙げまくるちえりこ(爆)。
授業参観って、やっぱり親の眼があるから、先生も万遍なく指してる感じがあからさまなのに、ちえりこのクラスは手を挙げられる子と挙げない子が両極端だったというのもあって、最後の方は、もう、指され過ぎて逆に母、肩身がせまかったです(汗)。
お子様のご活躍する姿を楽しみにいらしていたお母さま、本当にごめんなさい、ちえりこは二人目なので、そんなに激しく見れなくても、私的には大丈夫だったんです!この場を借りて、イイワケさせて〜!!

Img_0450_2
ちえりこのたからものは、リアちゃんでした♪
「わたしがうまれるまえからベットにいてくれて、ずっとわたしのことをみていてくれました」
そうだね、うまく紹介できたね。リアちゃんもきっと、よろこんでるよ♪

Img_0457その後の保護者会で使う名札に、お絵かきしてくれてました☆
こういう時、女子だなぁ、と感じます。ちえろうは、自分の好きなモノが書いてあることはあっても、私へのコメントや私の顔や私の好きなもの、なとが書いてあったことは皆無でした(爆)。

ちえろうに比べると、相変わらずのんびりマイペースのちえりこさんですが、私が最も大切にしてきた、集団生活の中でも自分の考えややりたいことをきちんと主張することを大切にできていること、そして、こんなことを言ったり、したり、したら相手がどう思うかを考えられるところ、思いやりの気持ちをもてるところ、をちえりこの良いところ、伸ばしてやりたいところ、として、これからも向き合っていけたらな、と思います☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

給食試食会

ちえろうの学年4年生が宿泊体験学習に行っている機会に、PTA主催の給食試食会が開催されました☆
本年度は私、ちえろうの学年でノルマ達成のために役員をやっています。そのお手伝いがてら、参加してきました!
横浜市の小学校の給食、はじめての体験です☆ちえろうから、「横浜の給食ウマい!」と聞いていたので、楽しみにしながら出陣しました♪

Img_0427今回の献立はハズレだそうです(爆)。十分美味しかったけど、もっとおいしい献立がたくさんあるんだそう☆

横浜牛乳ですって。牛乳にも横浜をつけちゃうなんて、横浜の人はほんと、地元愛がスゴい(笑)。

給食室の様子をも見せて下さいましたが、横浜市は、衛生管理が徹底してる!
扱う食材や調理段階に合わせてエプロンを色で分けて付け替え、食器の熱風乾燥、給食室そのものにきちんと鍵がかかっていたり、安心しました☆

献立は、各月の担当を区ごとに分けて、担当の区の栄養士の先生方が、考えているそうです。
食生活の欧米化に伴って、昔ながらの日本の伝統料理や和食に触れる機会が少なくなっている現代の子どもたちの社会背景に合わせて、給食ではあえて、和食の提供を意識し、米飯給食の回数を増やしているそうです。今や、米飯給食の割合の方が高いそうですよ。
本来、小麦の普及の目的でGHQの指導のもと始まった給食、時代の変遷を感じますね。
戦後70年、我が家の子どもたちも、すっかりパン大好きっ子、街はパン屋さんが溢れ、マッカーサーの思惑はしっかり役目を果たした、ということでしょうか、、、。

横浜市はすごくよくやって下さってると思いました。ちえろうの評価が高いことも納得がいきました。
あとは、中学にも給食を取り入れてくれるよう祈るのみ!ココまで完璧なモノを各中学に導入する難しさは確かにわかるのだけれど、近隣の小学校の施設を利用するとか、川崎市のように一極集中型にするとか、このノウハウを活かして、ぜひ前向きに検討してほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

宿泊体験学習

横浜市では4年生から宿泊体験学習があります。
ちえろうもはじめて、お友だちとの宿泊を体験することになりました。
いつもは三浦に行くそうですが、今年はその施設が工事中とのことで、ちえろうの学年だけ上郷に行くことになりました。
前の小学校はいつも上郷で、その話をよく聞いていたので、私は安心でしたけどね。
宿泊自体は、横須賀のばあばの家に、親なしで何度も泊まっているので、心配していなかったのですが、本人的には、ばあばの家も自宅の部類にカウントされるようで、そして相棒のファミちゃんを連れて行けない、というのもあって(笑)なんとも言えない緊張感を持って臨んだようです。

Img_0421いざ、出陣の瞬間です。
いつか必ず買う時が来るだろう、、、と思っていた、いわゆる林間学校用のリュックを買いました。
色々悩んだのですが、幼稚園に通うリュックからお世話になっている、馴染みのモンベルにしました。ちえりこも使えるカラー、ということでイエローに決まり!目立っていいワ☆
やはりモンベル!子どもがひとりでできるように、至るところに工夫がなされていて、凄く使い勝手がよかったです♪おススメです☆

「たのしかった!女子がいたら話せない話をたくさんした!!」と感想を述べていたので、ドキッとして、「女子に聞かせられない話、って、どんな話?」と聞いてみたら、「好きな女子の話♪」と、ニッコリ私にカミングアウトしてくれたので、まだまだホッとしました(笑)。
先生の話によると、ちえろうの学年は男子がおませさんで、男子の大概の部屋で恋バナが繰り広げられていたそうで、あまりに盛り上がり過ぎて「○○だいすきだ〜」と絶叫する子などもいたそうです(笑)。
女子は達観していて「バカじゃね」という感じだったそうです(爆)。
いいなぁ、なんか楽しそう☆

異様に疲れて帰ってきたな、と思ったら、ちえろうくん、翌日から熱を出し、風邪をこじらせて、学校を1週間休むハメになりました。
私も仕事が始まっていたので、休まざるを得なくなり、ストレスの溜まる1週間だったわぁ、、、。
ファミちゃんのいない夜がこんなに堪えるとはね、恋バナはしても、まだまだかわいい、小4ちえろうです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

くるみ割り人形

Img_0388山下公園のお向かいの神奈川県民ホールにて、松山バレエ団の「くるみ割り人形」を、ちえりこと一緒に鑑賞してきました☆
ちえりこが小学校からもらってきたチラシで見つけて、申し込みました!オープンシアターという、教育委員会が協賛して、子どもたちに芸術に触れてもらおう、みたいな企画の一環です。チラシ、添付できたらよかったのですが、見当たらなくて、、、ごめんなさい。

バレエって、ましてや松山バレエ団なんて、お高くて買えない、見れない、イメージですが、今回は子どもたちにバレエ人形親しんでもらうことが目的なので、くるみ割り人形と言ってもダイジェスト版で短く、その分、破格の低価格でご案内して下さいました。

もぅ、親の私の方が大興奮!
最初に森下洋子さんがご挨拶に出ていらして、身を乗り出して感動!!
しかもダイジェスト版なので、見せどころが次から次へと繰り広げられるので、バレエに疎い私でも楽しめます☆
さすが松山バレエ団の団員さんなので、キレイ!素晴らしい!!

と、ハッと横を振り向くと、ちえりこが「ねむい」とのこと(爆)。
くるみ割り人形は絵本で読んだことがあったので、楽しめるかな、そしてちえりこが興味を持ってくれたら、クラシックバレエ、やらせてもいいと思っていたので、それもあって見せてみたのだけど、やはり時期尚早だったのか、性に合わないのか、、、(汗)。
日頃ヒラヒラのスカート履いてクルクル回ってるので、もう少し興味を持ってくれるのかな、と期待もしてたんだけど、「あんな短いのはいて踊るの、恥ずかしいよ」てな感じで、私の目論見がガラガラと崩れていった1日でした(笑)。
なんだろなぁ、上が男の子だからかなぁ、なんかスゴくドライ、サバッとしたトコロがあるのよね、ちえりこは、、、。

何はともあれ、正真正銘の女子!?の私は、凄く楽しかったです♪
迎えに来てくれたクルマの中で、熱く語る私を、静かに見守る男子2人&ちえりこの視線が、、、イタかった、、、(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

入学式

はれて、ちえりこが小学生になりました!
2人目の入学式ともなると「ぼくはいいよ」と言ったダーリンでしたが、「ちえろうの入学式には写ってて、ちえりこのはいなかったら一生言われるよ。」と脅して、ダーリンを連れて行きました。(笑)

幼稚園生活を優先して、旧宅近くの幼稚園に通っていたので、同じ幼稚園出身のお友だちがひとりもいません。
ですが、それはちえろうも一緒だったし、ちえりこは女の子のわりに、自分やりたいことやペースを大切にするタイプなので、あまり心配はしていません。
幸い、同じマンションから他に2人も1年生がいるし、ちえろうもいるので、少しずつ彼女のやり方を築いてゆくことでしょう。

この先3年間は、3歳違いのちえろうとちえりこが唯一、同じ学校に在籍してくれる、私にとって憧れのとても大切な時間です。
本来はこれまでにも、一緒に在籍はしなかったものの、同じ幼稚園に通って、その幼稚園の話ができるとか、あったハズなのに、転勤族という性質上、それも叶いませんでした。

朝会で校長先生のお話を聞いて、その話で盛り上がる、とか、学校ですれ違って声をかけるとか、私は兄弟がいなくてそういう楽しみを味わえなかった分、話を聞かせてもらって、楽しみたいな、と思います(笑)。

2人の子どもが在籍する母として、今までできなかった分も含めて、私も小学校生活楽しみます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

そつえんのひ

ちえりこが卒園の日を迎えました。深い感慨をもって、臨みました。
Img_01753年保育の幼稚園で、2年保育の途中入園であったこと、ただでさえ他の子より短いのに、新居に転居したせいで、バスルートも変わることになってしまい、なんともお騒がせな転入生だったと思います。
けれでも私は私なりに、ちえりこのために、そして下の子のいない母の立場で、自分が苦労したからこそ!の気持ちで、出来得ることは精一杯努めることができたと、ちえろうの時とはまた別の、達成感を感じています。

最後の懇談会でも話したのですが。

2年前、横浜への転居が決まって、大津で決めていた幼稚園に行けないとわかった時、ちえりこは大号泣でした。それは私が心配していたちえろう以上の大泣きでした。
私が思っていた以上に、ちえりこは、大津の幼稚園に憧れをもって楽しみにしていたことを思い知り、そして、慣れない土地で、限られた時間の中で、ちえりこの手をひいて幼稚園探しをしながら、私はこの横浜で、ちえりこが大津の幼稚園で過ごすハズだった時間と同じ時間、あるいはそれ以上の時間を過ごさせてあげられるだろうか、自問自答を繰り返したことを昨日のことのように思い出します。

お蔭さまで、毎日楽しく、元気に、大したグズりもなく通ってくれて、そのような環境を用意して下さった幼稚園と先生方に感謝、そして、このような幼稚園を探し当てた私自身を、褒めてやりたいと思っています。

ちえりこはこの幼稚園で、自分のやりたいことや楽しいことを見つけて、それをとことん突き詰める経験ができたこと、そしてそれに寄り添って下さる先生や環境があったこと、それはこれからちえりこが長い人生を生きていく上で、大きなパワーになってくれるのではないか、と思っています。

小手先の詰め込み教育ではない、子どもの心を大切にたいせつに育てて下さった、この幼稚園に巡り逢えたこと、そして、ちえろうがお世話になるハズだった大阪の幼稚園、ちえろうがお世話になった大津の幼稚園、ちえりこがお受験した幼稚園、その経験や出会いがあったからこそ、私はこの幼稚園に辿り着くことができた、と思うので、母としての全ての幼稚園経験、出逢いに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

ちえりこ、卒園おめでとう。
今でも時々「大津の幼稚園、ちえりこお受験がんばったから、行きたかったなぁ。」とちえりこはいうけれど、ママは、大津の幼稚園と同じくらい、いや、それ以上、ちえりこは楽しい幼稚園生活を送れたのではないかな、と思っています。
やりたくないけど、お友だちがやってるから仕方なしにやってみたら面白くてハマっちゃったり、お友だちのきらいなところと同じくらい好きなところも見つけたり、いろんな発見があったと思います。
小学校での新しい生活の中で、あれっ?と思うようなことにぶつかった時は、大好きな幼稚園ではどうしてたっけな、と思い出してみてね。きっと、いい答えが、ちえりこの心の中に浮かんでくるハズです☆
ママ、いつでも応援しているよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧